早朝登山 平成30年1月27日

雪が積もると表情が一変しますが、それが夜間となると昼間とは違った世界となり、それが金剛山の夜景の魅力です。

久しぶりの早朝登山では街の夜景こそ見えませんでしたが、再び雪に覆われた金剛山はすばらしい眺めを見せてくれました。

写真の時間は夕方ではなくて、早朝の午前5時です。

大阪市内から移動と登山を合わせて2時間くらいで、こんな雪景色の場所に立つことができるので、金剛山は身近ですが魅力のある山ですよね。

大阪から夜に金剛山を見ると山頂に光の点が見えますが、その光がここの国見灯から発せられた光なんです。 この街灯のおかげで、国見城址広場は夜間でも明るいので、ナイトハイクの練習にはもってこいだと思います。

反対を見ると山側こそ暗いですが、広場自体が明るのが分かりますね。

また、ここの金剛桜ですが、雪化粧した姿は違った魅力があります。

場所を売店前の広場に移動します。

この場所は以前から街灯が灯っていたのですが、昨年、転法輪寺がLED照明を増設し、かなりの明るさで照らされるようになったため、街中よりも明るくなっています。

この日の気温は-8℃。

寒い。

雪が積もった日に来ると、白銀の世界でまさに別世界です。

でも、少し離れるともう真っ暗で、ここが山の中であることが分かります。

午前6時のライブカメラに映る人々。

すっかり金剛山の名物になっていますね。

午前6時に開いた捺印所。

寒い朝から真っ暗な登山道を登ってきた人達ですが、今日は路面の凍結を警戒してか、人は少なめでした。

本道から登ると、夜間でも比較的安全なので、雪化粧した夜の金剛山を体験してみませんか。

 

広告

金剛山の夜景の魅力

金剛山の夜景の魅力を伝えるため金剛山の夜景というブログを開設しているわけですが、金剛山の夜景の魅力とはなんでしょうか。

日没までに下山するのが山の常識なのに、日没後に登山を開始してまで登るのだから何か魅力があると思いませんか。

私が思うに、眼前に広がる阪神間の街の夜景だと思います。

阪神間の夜景といえば六甲山山頂から眺めが有名ですね。神戸の街の光が左右に広がり、神戸港と神戸沖を航行する船舶の光がなんとも優雅です。

それに対して金剛山から見える夜景は、眼下に光の絨毯のごとく広がる街の光と、大阪湾や航行する船舶が灯す光に明石海峡大橋のイルミネーション。上空といっても目の前を飛行する航空機の光跡と、3次元に繰り広げられる光の共演だと思います。

この写真では金剛山頂の看板の背後に阿倍野ハルカスを中心に、大阪の街の光が広がっている様子を写していますが、これほど多く街の光が見える山というのも全国的に珍しいのではと思っています。

つまり、大都市の近くに山がないと、これほどの夜景は見れないわけで、平野の広がる名古屋や、東京ではお目にかかれない夜景といえます。

昼間に登ってこの看板の前で記念写真を撮る人は多いと思いますが、その場所が夜になるとこんな素晴らしい光景が広がっているとは、なかなか想像がつかないことでしょう。

個人的には、映画のワンシーンに使えそうな構図だと思うのですけどね。

さて、モデルが残念なのは置いといて、この夜景を背景に撮影するとこんな感じになります。

光が足りてないのも残念ですが、ここではマニュアル撮影なので、一枚撮影するごとに設定しないといけないので結構めんどくさいんですよ。

night (3)

この場所はライブカメラでおなじみの、時計と金剛山頂の看板がある国見城址ですが、夜にはこんな感じで目の前に大阪の夜景が広がっています。

night (27)

縦の光の筋は心霊現象ではなくて、撮影直後にカメラが下を向き、あわてて元に戻したので地上の光が光跡となって写っているだけなのでご安心を。

この夜景を背景に記念撮影をしたいと思いますよね。

千早本道なら比較的安全に夜間登山が出来るのと、ホームセンターに安価で明るいヘッドライトが売られていますから、機会があれば是非金剛山の夜景を体験してみてはいかがでしょうか。