二上山(雌岳)への登山道

二上山は金剛山地北部に位置し、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰である。(ウィキペディアより)

この二上山の低い方の山「雌岳」の山頂は平らになっていて、徒歩で10秒も歩けば大阪と奈良の風景が楽しめる場所なので、夜景撮影にうってつけです。

そこで、夜間に登山道を登ろうと言う人のために夜の登山道を紹介しましょう。

まずは、雌岳の南側に位置する国道166号線(竹内街道)の、竹内峠手前の大阪側にある万葉の森駐車場をスタート地点とします。

night-24

夜に撮影しているのに大阪の街の明かりが強烈なので、長時間露光をすると日没直後のように空が明るい。

目の前にある黄色のU字型の車止めの向こうが登山道で、その右が国道166号線。

night-1

ここから先は真っ暗です。

night-23

1分ほど進むと左側に階段が見えてきますので、こちらに進みます。(鹿谷寺跡ルート)

ちなみに、暗闇の方向の舗装路を進んでも途中で鹿谷寺跡ルートと合流するので、安全重視の場合は舗装路をお進めします。

night-22

駐車場からまだ3分程度で体がまだ温まっていないのに、この激登りは気持ちを萎えさせます。

激登りな階段を登り、この倒れた木を過ぎてすぐに左に曲がります。

night-21

約20~30歩程度でこの岩壁のような場所にきますので、右に曲がります。

左に曲がると展望台まですぐです。

night-20

鹿谷寺跡を抜けて、いよいよ二上山登山の最も危険地帯を行きます。(ここまで約5分)

night-19

目の前の岩場を登って行きます。

night-18

細い岩場が続きます。

真っ暗で見えませんが、右側は崖です。

night-17

登りきって振り向いて撮影。

左が崖ですね。

night-16

まだまだ続く岩壁。

night-15

登ってから振り向いて撮影。

昼間はなんてことない岩壁ですが、夜間に登るとスリリングだと思います。

night-14

岩壁を登りきると、大阪の夜景が一望できます。

night-13

二上山の危険地帯はここまで。

さっきの岩場を少し登ると、駐車場下にある釣り池の方から来た道と合流します。

night-12

この後は木の階段を登ると舗装路の分岐に出ます。

駐車場を進んですぐの鹿谷寺跡ルートに向かう分岐の階段ではなく、舗装路をまっすく進むとこの場所で合流です。

night-11

ここから道は広く歩きやすくなります。

遊歩道のような道を進むといよいよ大阪の夜景が眼下に繰り広げられて行きます。

この右側は、草木が刈り取られて広場のようになっていて眺めは最高ですよ。

小枝の右側の所に関西国際空港が見えるのが分かりますかね。

night-10

馬の背を右に曲がると雌岳に向かう登山道です。

道の右側が売店で、左側がトイレ。

night-9

馬の背を通らない短絡路と合流地点。

night-6

41番地点から振り返って、馬の背から登ってくるとこんな感じ。

night-8

短絡路を通るとこんな感じ。

night-7

41番の右側を通り登っていくと雌岳山頂に到着。

背後には奈良の夜景が広がっています。

night_cclimb20081202-1

畝傍山の稜線が見えますね。

 

反対を向くと大阪の夜景が広がっています。

 

night_cclimb20081202-2

万葉の森駐車場から雌岳山頂まで30分。

金剛山に登るよりは時間が短くて済むので、夜間登山の練習にはいいかもしれません。

でも、夜間登山をするときはくれぐれも安全には注意してください。

%e4%ba%8c%e4%b8%8a%e5%b1%b1

なを、雪が積もった時の記事は「二上山へ早朝登山」をご覧ください。

 

広告

二上山へ早朝登山

二上山の雌岳へ夜間登山(早朝登山)。

金剛山は冬になると雪が積もりますが、標高の低い二上山にまで雪が積もるのは珍しいので、雌岳山頂広場の雪景色の向こうに広がる夜景を撮影のため登ります。

国道166号線(竹之内街道)の大阪側にある万葉の森駐車場から、二上山雌岳を目指します。

なを、当サイトは暗闇の写真ばっかりなので、登山道の詳細については「二上山・登山道」などで検索をしてもらうと詳しく解説しているサイトが沢山ありますので、そちらを参考にしていただけると助かります。

night_climb  20140216 (1)

右側が国道166号線(竹之内街道)

車が通らなければ遊歩道は真っ暗。

night_climb  20140216 (2)

1~2分ほど進むと、左手に分岐が現れます。

左に曲がると生い茂った木々の間を登る階段で、直進する道は舗装された遊歩道なので歩き易いでしょう。

なを、どちらを進んでも途中で同じ所に合流しま。

ただ、個人的には昼間でも遊歩道の方は避けますね、なぜか・・・

night_climb  20140216 (3)

来た道を振り返るとこんな感じ。

night_climb  20140216 (16)

階段を進む。

登り始めてまだ数分での階段登りはしんどい。

night_climb  20140216 (4)

鹿苑寺跡を過ぎて岩場を登ると大阪の夜景が見えるようになり、楽しい夜間登山のはじまります。

night_climb  20140216 (6)

岩場からの展望。

大阪の夜景が目の前に広がります。

night_climb  20140216 (5)

しばらく夜景を眺めたくなる心境ですが、見晴らしが良い(夜景がきれいに見える)=まわりに何もないので吹きさらしで寒い、となります。

なかなかうまくいきませんね。

大阪の夜景を背に見ながら登ると、先程の舗装された遊歩道に合流。

左に進むと雄岳と雌岳の間にある馬の背に向かいます。

night_climb  20140216 (7)

大阪の夜景を左手に見ながらしばらく進むと展望台があります。

ただ、展望台に登らなくても遊歩道からはこんな夜景が見えます。

night_climb  20140216 (8)

馬の背に向かう遊歩道を外れて、雌岳に向かう道にショートカット。

night_climb  20140216 (9)

この階段を登ると雌岳山頂。

night_climb  20140216 (10)

雌岳山頂に到着。

ただし、遮る物が何もないので吹きっさらしで寒い!

night_climb  20140216 (15)

雌岳山頂から見える奈良の夜景。

二上山の雌岳山頂の良い所は、西の大阪の夜景と東の奈良の夜景が振り返って見れること。

葛城山でも大阪と奈良の夜景が同じ場所で見れますが、眼下に夜景が広がる見え方は二上山の雌岳山頂が圧倒的に良いですね。

night_climb  20140216 (11)

少し南を見る。

畝傍山の稜線が分かりますか。↓

night_climb  20140216 (12)

さらに南。

大和高田市から御所市にかけての夜景。

night_climb  20140216 (13)

まぁなんですね、地図もなけりゃ昼間の写真もないとくれば、この道を知った人でないと、どこか分かんない写真ばっかりですね。

二上山に夜間登山をしようと考えている人にお役に立てたでしょうか?

二上山の魅力は、なんといっても大阪と奈良の夜景が間近に楽しめることです。

山頂を西へ東へ行ったり来たりして夜景を楽しめますよ。

あと、8月1日に開催されるPLの花火も、金剛山山頂から見るよりも楽しめるのではと思ってます。