早朝登山 平成30年1月27日

雪が積もると表情が一変しますが、それが夜間となると昼間とは違った世界となり、それが金剛山の夜景の魅力です。

久しぶりの早朝登山では街の夜景こそ見えませんでしたが、再び雪に覆われた金剛山はすばらしい眺めを見せてくれました。

写真の時間は夕方ではなくて、早朝の午前5時です。

大阪市内から移動と登山を合わせて2時間くらいで、こんな雪景色の場所に立つことができるので、金剛山は身近ですが魅力のある山ですよね。

大阪から夜に金剛山を見ると山頂に光の点が見えますが、その光がここの国見灯から発せられた光なんです。 この街灯のおかげで、国見城址広場は夜間でも明るいので、ナイトハイクの練習にはもってこいだと思います。

反対を見ると山側こそ暗いですが、広場自体が明るのが分かりますね。

また、ここの金剛桜ですが、雪化粧した姿は違った魅力があります。

場所を売店前の広場に移動します。

この場所は以前から街灯が灯っていたのですが、昨年、転法輪寺がLED照明を増設し、かなりの明るさで照らされるようになったため、街中よりも明るくなっています。

この日の気温は-8℃。

寒い。

雪が積もった日に来ると、白銀の世界でまさに別世界です。

でも、少し離れるともう真っ暗で、ここが山の中であることが分かります。

午前6時のライブカメラに映る人々。

すっかり金剛山の名物になっていますね。

午前6時に開いた捺印所。

寒い朝から真っ暗な登山道を登ってきた人達ですが、今日は路面の凍結を警戒してか、人は少なめでした。

本道から登ると、夜間でも比較的安全なので、雪化粧した夜の金剛山を体験してみませんか。

 

広告

4月4日金剛登山

4月2日に果たせなかった早朝登山。

雪はかなり溶けていましたが、国見城址広場から見る夜景は美しかったです。

DSC_3994

雪だるまはいつまで残るのだろうか?

DSC_3995

巨大に成長したカマクラですが、今週は温かい日が続くのと、週末は雨予報なので、次の日曜日まで残るかな?

DSC_3993

NHKドキュメント72時間のスタッフさんも午前5時前から取材を始めてました。

その取材ももこの日が最後。放送は5月の中旬以降らしいので、楽しみですね。

DSC_3996

さて、これでサクッと下りて仕事に向かいましょう。

なんだかんだと、雪の金剛山を堪能した数日間でした。

2016年12月24日 金剛登山

1年2カ月ぶりの早朝登山は楽しかった。

早朝登山に向けて車を走行中、金剛山登山口に近づくにつれて道路は濡れてきた。フロントガラスにぽつぽつと雨粒があたってはいたが、登山口に到着後に雨雲レーダーで確認すると、上空にある弱い雨雲は過ぎ去りつつあったので、準備体操をしてから真っ暗な登山道を登り始める。

以前なら本道でも怖い思いをしながら登ってたのに、今回は不思議と怖さは全くない。

早朝登山に復活できたことがよほど嬉しかったのかな?

そんなことを思いながら登っていくと、木々のすき間からは夜景が見えていたので山頂からの眺めを期待していたものの、7合目付近から霧が立ち込め視界は真っ白となり、深い霧に包まれた金剛山山頂へ午前4時5分ごろ到着。

夜景なんて全く見えませんね。

これはスマホを手持ちで撮影なんですが、画像はぶれてないし技術の進歩はすごいですね。

night_climb20161224-6

ここからはコンパクトデジタルカメラで撮影した夜景写真。

スマホの撮影と違って設定がめんどくさい。 シャッタースピードを3秒、タイマーを2秒にして、固定部の上にカメラを置いて撮影。 写真を見たら、ホワイトバランスの設定を忘れてた。

night_climb20161224-7

真っ白。

こういう霧のときは目の前の霧にピントが合うので、微妙にピントが合ってない写真になるんですよね。

night_climb20161224-3

時折舞う雪かミゾレで少しだけ地面が白くなってる。

回数登山者を掲示している看板は復活するのかな?

night_climb20161224-3

しかし、人が早朝登山をしてる常連さんは減りましたね。

午前4時30分ぐらなんですが、私を含めて5人ほど。

以前なら土曜日の早朝だと大勢の早朝登山者がいたものですが、常連さんに聞くところによると、あの人は来なくなったとか、あの人は亡くなられたとか、登山回数を減らしているとか等々。

たしかに、早朝登山している人は私よりもずっと年齢が上の人達ですからね。

night_climb20161224-4

そういう私も昨年末に肺炎で入院し、金剛山のカウントダウンライブ映像と初日の出は病室で眺めるという残念な2016年の新年でありました。

これは2016年元旦に病室から撮影した初日の出。

dsc_0445

葛城山の左から昇る2016年の初日の出。金剛山は雲に覆われていた。

退院後は落ちた体力の回復を目指してトレーニングに励み、昼間は水越峠から金剛山登山を何度もして体力が回復したことを確認してから早朝登山に復活。

やっぱり金剛山に夜間登るのは気軽に非日常を味わえるのがいいですね。

 

 

 

 

二上山へ早朝登山

二上山の雌岳へ夜間登山(早朝登山)。

金剛山は冬になると雪が積もりますが、標高の低い二上山にまで雪が積もるのは珍しいので、雌岳山頂広場の雪景色の向こうに広がる夜景を撮影のため登ります。

国道166号線(竹之内街道)の大阪側にある万葉の森駐車場から、二上山雌岳を目指します。

なを、当サイトは暗闇の写真ばっかりなので、登山道の詳細については「二上山・登山道」などで検索をしてもらうと詳しく解説しているサイトが沢山ありますので、そちらを参考にしていただけると助かります。

night_climb  20140216 (1)

右側が国道166号線(竹之内街道)

車が通らなければ遊歩道は真っ暗。

night_climb  20140216 (2)

1~2分ほど進むと、左手に分岐が現れます。

左に曲がると生い茂った木々の間を登る階段で、直進する道は舗装された遊歩道なので歩き易いでしょう。

なを、どちらを進んでも途中で同じ所に合流しま。

ただ、個人的には昼間でも遊歩道の方は避けますね、なぜか・・・

night_climb  20140216 (3)

来た道を振り返るとこんな感じ。

night_climb  20140216 (16)

階段を進む。

登り始めてまだ数分での階段登りはしんどい。

night_climb  20140216 (4)

鹿苑寺跡を過ぎて岩場を登ると大阪の夜景が見えるようになり、楽しい夜間登山のはじまります。

night_climb  20140216 (6)

岩場からの展望。

大阪の夜景が目の前に広がります。

night_climb  20140216 (5)

しばらく夜景を眺めたくなる心境ですが、見晴らしが良い(夜景がきれいに見える)=まわりに何もないので吹きさらしで寒い、となります。

なかなかうまくいきませんね。

大阪の夜景を背に見ながら登ると、先程の舗装された遊歩道に合流。

左に進むと雄岳と雌岳の間にある馬の背に向かいます。

night_climb  20140216 (7)

大阪の夜景を左手に見ながらしばらく進むと展望台があります。

ただ、展望台に登らなくても遊歩道からはこんな夜景が見えます。

night_climb  20140216 (8)

馬の背に向かう遊歩道を外れて、雌岳に向かう道にショートカット。

night_climb  20140216 (9)

この階段を登ると雌岳山頂。

night_climb  20140216 (10)

雌岳山頂に到着。

ただし、遮る物が何もないので吹きっさらしで寒い!

night_climb  20140216 (15)

雌岳山頂から見える奈良の夜景。

二上山の雌岳山頂の良い所は、西の大阪の夜景と東の奈良の夜景が振り返って見れること。

葛城山でも大阪と奈良の夜景が同じ場所で見れますが、眼下に夜景が広がる見え方は二上山の雌岳山頂が圧倒的に良いですね。

night_climb  20140216 (11)

少し南を見る。

畝傍山の稜線が分かりますか。↓

night_climb  20140216 (12)

さらに南。

大和高田市から御所市にかけての夜景。

night_climb  20140216 (13)

まぁなんですね、地図もなけりゃ昼間の写真もないとくれば、この道を知った人でないと、どこか分かんない写真ばっかりですね。

二上山に夜間登山をしようと考えている人にお役に立てたでしょうか?

二上山の魅力は、なんといっても大阪と奈良の夜景が間近に楽しめることです。

山頂を西へ東へ行ったり来たりして夜景を楽しめますよ。

あと、8月1日に開催されるPLの花火も、金剛山山頂から見るよりも楽しめるのではと思ってます。

猛暑の中にも次の季節が ―平成25年8月17日―

夏真っ盛りで、まだまだ猛暑が続くようです。

そんな中、早朝の金剛山山頂では、冬の星座であるオリオン座が現れました。

空が白み始めて濃紺の空にオリオン座の光が輝いています。

night_climb 250817 (3)

撮影した場所が、国見城址広場。

早朝登山をしていると、季節の先取りを感じられることが魅力の一つです。

night_climb 250817 (4)

白み始めた空と、まだ夜の下界。

night_climb 250817 (5)

街の灯りが遠くまで見えますが、中国由来のPM2.5で茶色く霞んでいる。

遥か上空はきれいな青色なのに、下界に漂う大気汚染物質がいや~な感じ。

night_climb 250817 (7)

葛木神社東側のブナ林から葛城山を見る。

ここでも、上空はきれいな空なのにな~。

night_climb 250817 (9)

早朝の葛木神社。

夜が明ける直前は、様々な色の光による競演が魅力的です。

night_climb 250817 (11)

転法輪寺。

上空では、鳥達の囀りが聞こえて、清々しい朝。

night_climb 250817 (12)

気温は17度。

真夏の日に、まさに山の朝という感じの涼しさだった。

17℃の気温だとシャツ一枚ではさすがに寒いので、早朝登山をするときは、長袖シャツを一枚余分に持って行く必要があります。

night_climb 250817 (14)

売店前。

この時間ならベンチに座っていてもブヨに纏わりつかれることがないので、とっても快適。

night_climb 250817 (15)

捺印所前。

シャッターの隙間から灯りがこぼれているので、すでに準備は終わっているようです。

午前6時前になると、捺印を待つ人の列が出来ます。

徐々に明るくなる空。

しかし空は明るくなってきても、鬱蒼と茂る木々に囲まれていると、照明の光の方がまだまだ明るい。

いずれは照明の光に照らされるよりも地面が明るくなっていく様子が、一日の始まりを強く感じさせます。

night_climb 250817 (16)

金剛山山頂 早朝の風景 ―平成25年8月15日-

平成25年8月15日 午前5時をまわり、鳥達が目覚めて賑やかになった、早朝の金剛山山頂。

酷暑が続く下界とは打って変わり、早朝の金剛山山頂は気温19℃と涼しく快適な気候だった。

暑さにはめっぽう弱いので、夏の金剛登山は、早朝登山か夜間登山(ナイトハイク)に限るなとつくづく思う。

国見城址広場で、早朝の金剛山の動画撮影を終えて葛木神社へ続く参道を歩いていると、どうやら夜が明けたようで、東の空が赤く染まっている。

DSC02379

あちこちから鳥の囀りが聞こえて、清々しい気分になれる。

葛木神社東側のブナ林では、太陽の光で幹や葉が赤く染まっている。

DSC02381

木々の隙間から見える朝日。

DSC02385

山頂で迎える朝は、やはり気持ちが良いものだ。

早朝登山をされる方へ

この日は午前3時45分ぐらいから登山を開始し、途中7合目あたりから空が白み始めてきた。

午前4時45分に国見城址に到着する頃には、ヘッドライトは不要となるほど明るくなっている。

午前5時30分ごろに、葛木神社東側のブナ林から日の出を見ることが出来ます。

8月いっぱいは、午前4時頃から約1時間程度で登り、国見城址広場、転法輪寺、葛木神社、ブナ林をめぐってから捺印所の戻ると、午前5時50分ぐらいになり、捺印所が開くのを待つ列に並ぶことになります。

スタートこそ真っ暗ですが、山頂に着く手前から明るくなり始めますので、ナイトハイクの練習にもってこいだと思います。

平成24年8月15日 お盆の早朝登山 ‐動画‐

2年振りにお盆の早朝登山。

登山口の気温が23度と下界に比べて涼しいが、登り始めるとすぐに汗が出てくる。徐々に高度を増して5合目あたりから気温が下がり、風が緩やかに抜けていくが、涼しすぎて少々肌寒く感じるようになり、1枚上着を羽織る。

山頂の気温は19度と涼しいが、前日の雨のせいか、湿度が高く感じた。
山頂から見える大阪の夜景はやはり素晴らしい。

曇り空であるが、雲の下の空気は澄んでいるので、下界の明かりが遠くまで輝いて見える。

午前4時20分

鈍った体と動画撮影をしながらなので、登りは1時間12分かかったようだ。

天候は曇りだが、雲下の空気が澄んでいるので、夜景は素晴らしく美しい。

午前4時55分。

35分経過しただけで、急速に明るくなった空。

場所を葛木神社東側のブナ林に移動する。

奈良県側の眺めは下界に靄が広がり雲海のようにも見えていた。

葛城山山頂。

葛城山の向こうには比叡山や蓬莱山が霞んで見えます。

生駒山が高山のようも見えます。