平成26年~平成27年 金剛山へ年越し登山(後編)

賑やかだった葛城神社を後にして、千早園地に向かいます。

こちらは仁王杉前。

現地ではこの辺りまでならライトなしでも行動できますが、補助光なしで写真撮影をすると、光量が少ないから奥の葛城神社以外は真っ暗に写ります。

撮影データ ISO400 シャッタースピード30秒

night_climb  26270101 (31)

一の鳥居前

なんだか異界への門といった感じですが、現地はそれほど怖い雰囲気ではないですよ。(多分)

night_climb  26270101 (32)

出迎え不動さんの前。

正面に進むと湧出岳で、右に進むと千早園地です。

千早園地から金剛山山頂に向かうルートでは最初に出会う街灯です。

night_climb  26270101 (33)

湧出岳にある金剛山展望塔の光は、金剛山へ夜間登山をするとき目印のように導いてくれます。

night_climb  26270101 (34)

千早園地に到着。

ライブカメラで見える映像は暗視カメラの様に遠くまで映っていますが、現地では自動販売機の照明だけなので、写真のようにあまり遠くまでは見えません。

コレとその下の写真はホワイトバランスの設定を忘れていたので、水中写真のようです。

night_climb  26270101 (35)

千早園地のログハウス。

夜間のライブカメラの光源となる自動販売機が眩しく光っています。

night_climb  26270101 (36)

香南荘前。

なんだか山火事のように見えますが。

night_climb  26270101 (37)

何が光っているのだろう?と行ってみると。

night_climb  26270101 (38)

ロープウェイ乗り場へ至る道に街灯があって、元旦の日は点灯しているんだ。

あぁ、そうか、初日の出をロープウェイで見に来るお客さんのためになんですね。

night_climb  26270101 (39)

オレンジ色の光に照らされた樹氷が美しく輝いていますが、強風が吹き付けている中でのスロー撮影はこれが限界でした。

night_climb  26270101 (40)

千早園地での撮影も終わり、再び転法輪寺前の大宿坊跡の焚火に向かいます。

やはり、氷点下の世界では焚火の炎は温かい。

night_climb  26270101 (42)

2015年も4時間を経過。

こんな時間でも登山者がいるようだ。

night_climb  26270101 (43)

冬は金剛桜が一番きれいに見える時期かもしれません。

night_climb  26270101 (44)

やっと雲は抜けて下界が見えるようになってきた。

night_climb  26270101 (45)

下界が見えるようにはなったけれど、雲は低く立ち込めているし、なにより西風が強い。

night_climb  26270101 (48)

国見城址広場から南西方向を見ます。

手前の黒部分が河内長野市にある錦織公園

その奥は、堺泉北臨海工業地帯で、大阪湾の対岸は六甲アイランドになります。

night_climb  26270101 (49)

少し視線を右に移動します。

画面中央を左右に伸びるオレンジ色の線は阪和自動車道路で、中央付近の白い光が吾彦大橋を渡る自動車の光。

中央奥が南港で、その奥は西宮浜です。

night_climb  26270101 (51)

また少し視線を右に移動すると、南大阪のランドマークであるPLの塔がそびえています。

画面中央、少し右にある白い光の帯は、住之江区にある阪神ゴルフセンター住之江店の光です。

画面奥は伊丹市ですね。

night_climb  26270101 (47)

さらに視線を右に移動すると、画面中央の赤い点が無数にあるところが大阪市の中央部分ですね。

画面中央の一番下が富田林で、画面の中央付近が近鉄南大阪線の河内松原駅付近です。

night_climb  26270101 (76)

しかし、文字で説明してもわかりにくいので、位置を明示したものを作るのは今後の宿題としましょう。

お気に入りの眺めは、国見城址広場から広がる大阪の夜景。

night_climb  26270101 (52)

西風にずっとあたって寒くなってきたので、温かい焚火の元に戻ります。

night_climb  26270101 (56)

焚火の炎で赤く染まったこの景色はきれいですね。

night_climb  26270101 (53)

night_climb  26270101 (54)

寒い寒いと思ってたら、大晦日の午後11時の時点よりも4度も気温が下がっていた。

そりゃ寒いわけだ。

night_climb  26270101 (57)

元旦は午前5時のオープンする売店。

店内は温かそうだな。

night_climb  26270101 (58)

転法輪寺寺務所も開いています。

それにしても、画面右の雪像上手だな。

night_climb  26270101 (59)

午前5時50分。

上空に雲が立ち込めているけど、大阪の夜景はよく見えるようになったので、初日の出は期待できるかも。

night_climb  26270101 (61)

午前6時を過ぎて、辺りは徐々に明るくなってきた。

night_climb  26270101 (67)

暗闇に浮かぶ灯篭の光を見れるのもあとわずか。

太陽の光が増えてくると、幻想的だった世界から現実に戻っていくようだ。

night_climb  26270101 (68)

葛城神社の境内から初日の出を拝む。

なぜなら、直前まで焚火で温まりたかったから。

一晩中金剛山山頂にいたらそりゃ寒いよ。

night_climb  26270101 (69)

しかし、残念ながら初日の出は見ることができなかった。

これだけ雲が低く立ち込めていたらね・・・

night_climb  26270101 (70)

さて、これで夢のような年越し登山もいよいよ終わりです。

帰って寝るとするか。

night_climb  26270101 (71)

さて、普段金剛登山をしているあなたに、金剛山の美しい夜景観賞の登山プランをご提案。

元旦の午前4時半ぐらいから登り始めて、午前5時半ぐらいに山頂に到着。

国見城址広場で大阪の夜景を眺めて、葛城神社横のブナ林で奈良の夜景を鑑賞した後は、午前7時ごろに初日の出を見ます。

このプランの見どころは、一年に一度しかない灯篭に明かりが灯った参道に大宿坊跡の焚火。

ライトアップされた社殿や街灯に照らされた山頂が見どころです。

寒くなったら焚火で温まったり、売店で温かい食事をとるのもいいでしょう。

天候が良ければ大阪と奈良の夜景を鑑賞することができて、初日の出まで拝めるという盛り沢山のプランですよ!

広告

平成26年~平成27年 金剛山へ年越し登山(前編)

あけましておめでとうございます。
平成20年の年末から始めた年越し登山は今回で7回目になりました。

金剛山登山ではお馴染の本道を登っていくと、水場のある所から千早神社に向かう分岐が照明で明るい。

night_climb  26270101 (1)

昨年までは真っ暗だったと思うので、新たに照明を設置したのだろうか?

金剛山山頂の葛城神社が照明を灯しているのだから、麓の千早神社もライトアップしているかもしれないので撮影しようかと思ったけれど、寄り道をしていると山頂に到着する時間が遅れるので、次回は千早神社から撮影することにして山頂へ向かうことにする。

night_climb  26270101 (2)

本道の七曲りを登ったところから本格的に濃霧に包まれた。

これは五合目の様子。

ご覧の通り、照明に照らされた手前は真っ白で、奥は真っ黒。

night_climb  26270101 (3)

濃霧の夜間登山には登りにくい。

それでも慣れた道なので、途中撮影しながら一時間ほどで金剛山山頂に到着。

国見城址広場は霧で真っ白。

night_climb  26270101 (4)

捺印所前も真っ白。

night_climb  26270101 (5)

大看板のある広場も濃霧に包まれて、奥にある売店が霞んでいる。

night_climb  26270101 (11)

午後10時30分。

奥にある黄色い機械がカップラーメンを売っている自動販売機は、売店が閉まっている時間に温かい食事が取れるので、非常にありがたい存在です。

night_climb  26270101 (6)

大宿坊跡では一晩中燃やされる焚火が体を温めてくれる。

night_climb  26270101 (8)

気温マイナス1度。

今夜は比較的に温かいなぁと思ってました、この頃は・・・

night_climb  26270101 (10)

これから参道の灯篭に火が灯すと聞いて、さっそく見学に行きます。

大宿坊跡前の鳥居からスタート。

night_climb  26270101 (15)

真っ暗な参道に並ぶ灯篭に火が入ると、厳かな気持ちになります。

night_climb  26270101 (16)

灯篭に着火マンを使って火を入れています。

night_climb  26270101 (17)

画面左側の灯篭から順番に灯して、夫婦杉手前の灯篭まで火入れが終わっています。

night_climb  26270101 (18)

葛城神社へ至る道に車がいるようですね。

night_climb  26270101 (19)

こちらは別班が、一の鳥居にある灯篭から順番に火を入れてきたようです。

night_climb  26270101 (20)

元旦の葛城神社は特に美しい。

night_climb  26270101 (23)

2014年12月31日から2015年1月1日へ、ちょうど看板の日付の更新作業中でした。

night_climb  26270101 (21)

新年を迎える準備の様子を撮影していると、そろそろカウントダウンの時間になりそうなので、国見城址広場に向かいます。

2014年もあと10分。

飾り付け用に持ってきたLEDライト2個を金剛山頂の看板に置いてみた。

night_climb  26270101 (24)

この写真を見て、ライブカメラで見てもそれなりに映えるであろう演出を思いついたので、来年はそれを実行してみようと思います。

今回も色々ななグループがライブカメラの前で新年を祝います。

night_climb  26270101 (73)

それにしても、カウントダウンのときのライブカメラの視聴者数はどれぐらいいたのだろうか?

のぶさん御一行の記念写真。

のぶさん、今回は羊のお面ですか。

こうなると、干支のお面を一通りやって欲しい気がしますね。

night_climb  26270101 (74)

元旦の日は午前0時が捺印所が開きます。

モデルはのぶさん。

写真を見て気がついたけど、羊のお面を被ったまま移動していたんだ。

night_climb  26270101 (27)

転法輪寺では年頭初護摩祈祷の真っ最中です。

night_climb  26270101 (28)

参道を行くのぶさん御一行。

night_climb  26270101 (29)

葛城神社前で記念撮影。

記念撮影に混ぜていただきありがとうございました。

しかし、ヘッドライトを消すのを忘れてたよ・・・

night_climb  26270101 (75)

私はこの後、千早園地の方に撮影に向かうので、皆様とはお別れ。

そして、後編に続く。

ホワイトバランスによる写りの違い

昼間に撮影をする場合、ホワイトバランスという項目の設定はオートで大丈夫な場合が多いのですが、夜景撮影の場合は光源によって見え方に違いがでますので、適時、設定を変更する必要があります。

一例として、平成26年元旦に撮影した、金剛山山頂の様子。

下の写真は、2日前にアップした 平成25年~平成26年年越し登山(前編) に採用した写真。

DSC_2341

おなじみの国見城跡広場にある金剛山頂の看板に前に並んだ雪だるまと、LEDのキーホルダーで電飾した様子です。

同じ写真ですがホワイトバランスが違う写真。

DSC_2341

夜間に国見城跡広場を照らすのは、画面左側にある国見灯の水銀灯なんですが、水銀灯の光をホワイトバランスの設定をオートで撮影すると緑色っぽい写真になってしまいます。

こちらは、転法輪寺の境内。

DSC_2359

焚火の炎により雪夜を温かな光で包まれているように見えます。

こちらはホワイトバランスを変えた写真。

DSC_2359

これはこれできれいなんですが、寒々しく見えますね。

それに本堂前の水銀灯の色も青に変わっています。

この日の転法輪寺境内を照らす光は、本堂前にある水銀灯と焚火の炎に光なのですが、焚火の赤い光が圧倒的に多いため、焚火に照らされた木々が赤く染まって見える上の写真が現地で見る光景に近いです。

夜景撮影をしていると、被写体を照らす光の種類によって写り方が変わりますので、面倒ですがホワイトバランスの設定を変更することが大事なんですね。

平成25~平成26年 年越し登山(後編)

やっちまったな~、寝過した。

のぶさん達と別れた後は夜の金剛山山頂の撮影巡りのため夜食をとったら、急に眠気に襲われた。

このとき午前2時半。

テン泊道具を担いで登ってから活動して深夜の時間だから、眠くもなるわな。

仕方ないので寝ることにする。

その日の朝、5時半に起床する予定が一時間遅れの午前6時半。

すでに国見城跡広場にはご来光目的の人が大勢登っていました。

DSC_2377

寝坊したから早朝の夜景撮影はできなくなったけど、この時間ならご来光を撮影するには丁度いい。

多くの人は千早園地の展望台でご来光を待ちわびていることだろうけど、私の選んだ場所はここ大日岳。

ここは東西に視界が開けているので、朝日や夕日を眺めるには絶好の場所。

DSC_2380

しかし、目の前の雲は思いっきり厚いやんか・・・(´Д`)

期待しつつ、日の出の時刻を待っていると、雉鳩が一羽やってきた。

よく餌をもらっているのだろうか、近くまで寄ってくるが、生憎、餌となるものは持ち合わせていない。

DSC_2383

結局、日の出の時刻になっても分厚い雲がなるなることはなく、雲の隙間からも太陽が見えなかったので、大日岳を後にする。

国見城跡広場に戻ってしばらくすると、東の上空にある雲が照らされて輝いてきた。

こんなことなら、もう少し大日岳で粘れば良かったと思ったが、後の祭りなのでこの光をもってご来光を拝めたとしよう。

DSC_2384

さて、間接ながらもご来光を拝めたので、朝食をとることにする。

昨夜買った巻きずしが乾燥してパッサパサでしたがおいしかったです。(´Д`)

クノール スープでパスタのパスタが固かったのは、食べ始めるのが早かったからかもしれませんが、雪中テン泊の朝食にはとても美味しゅうございました。(´Д`)

お腹もふくれたので葛木神社に向かう。

木々の隙間から朝日が差し込み、美しい元旦の朝。

DSC_2388

深夜の時間ならお神酒をいただくところですが、下山後は車で帰宅するのでお茶をいただきました。

DSC_2395

上空にそびえる大木の杉も、朝日に照らされて神々しく輝いています。

DSC_2402

葛木神社東側のブナ林へ移動。

DSC_2405

木の枝の雪が輝いてとてもきれいな光景。

DSC_2404

金剛山の北側にある葛城山もきれいに見えます。

DSC_2416

上空のきれいな空気と下界のpm2.5による霞みの対比が残念なところ。

葛城山山頂の葛城高原ロッジ。

200mmの最大望遠で撮影。

DSC_2413

仁王杉の前。

午前中は太陽に照らされるから、とってもきれいです。

DSC_2420

DSC_2422

転法輪寺の本堂。

DSC_2423

ここは西の斜面にあるので、午前中は日陰なので、午後からは西日が差し込むのでとっても明るくなります。

転法輪寺から西を見ると、上空は眩しくなっています。

DSC_2425

大勢の人で賑わう売店前。

DSC_2434

店内は温かいので、屋根の雪が溶けてつららが大きく成長します。

DSC_2430

金剛山山頂の名物、かまくら。

DSC_2435

国見城跡広場に戻ると、夜にLEDで電飾していた雪だるまが、太陽の光を反射して輝いていました。

DSC_2436

DSC_2439

太陽の高度が増し、国見城跡広場に朝日が差し込みます。

DSC_2438

太陽が昇ると、金剛山の夜景撮影は終わりです。

慌ただしかった平成25年~平成26年にかけての年越し登山もあとは下山を残すのみ。

DSC_2440

テントを撤収して下山の途につきます。

DSC_2442

平成25年はほとんど金剛登山ができませんでしたが、平成26年は金剛山の夜景撮影を復活したいと思います。

平成25~平成26年 年越し登山(前編)

あけましておめでとうございます。
平成20年の年末から始めた年越し登山も、今回で6回目に。

年越し登山の準備を大晦日の夕方からあわただしく始めたものの、久しぶりの登山なので、準備に手間取ってしまった。

そんな中、ブログネタとして何を持っていこうかと考えたところ、山頂を光で演出しようと購入していたLEDのキーホルダーがあったのを思い出し、ライブカメラ前にある雪だるまを飾ることを思いついた。

しかし、ザックには荷物を詰め込んでパンパンなので、LEDを入れる場所はザックの横ポケットのみ。

登っている途中に落とさないことを願いつつ、テン泊道具が入った重いザックを背負って山頂に向かう。

国見城跡広場では4つほどテントがあるものの、まだ人影のない中で雪だるまの目LEDを埋め込もうとするが、カチカチに固まってLEDを埋めることができない。

仕方ないのでLEDを目の部分に落ちないように乗せてから光らせる。

う~ん、なかなかいい出来やな~と一人で満足しているが、50個持ってきたキーホルダーはまだ半分以上残っている。

DSC_2336

さて、どうしたものかと考えていると、山頂売店のスタッフの「みーさん」がやって来られて、時計と看板の上に並べたらどうかと提案してくれたので、早速実行してみた。

DSC_2337

より華やかになったな~と思っていると、さらに「みーさん」が2014と表示しましょうとナイスなご提案。

しかし、残りのLEDでは数が足りないので、時計と看板に置いていたLEDを2014表示に移動させることに。

DSC_2339

こっちの方が新年らしくていいな、と思っていたら、ライブカメラを見ている家族から電話があり、2014と表示しているのだろうけど、さっぱりわからんというダメ出しがでたので、LEDの間隔を広げて配置をすることに。

DSC_2341

現地では写真の通りきれいに見えるのだけど、これがライブカメラを見ている人に伝わっているのだろうか?

そうこうしていると、「低山徘徊者の徒然日記」管理人の「のぶさん」と、その御一行が登って来られた。

 

さて、2014年まであとわずか。

記念撮影のためカメラをセットしたものの、「のぶさん」えらい大人数で登ってきたんだなと思ってたら、右半分ぐらいは別のグループだったようです・・・

DSC_2346

もう一枚。

雪と夜景と電飾に囲まれた山ガールがとてもきれいです。

DSC_2347

LEDで電飾表示するのは、来年もやってみようかな。

雪だるまさんも、妙な迫力があります。

DSC_2356

記念撮影も終わり、場所を移動。

金剛登山の名物捺印所は元旦の0時から開きます。

DSC_2348

転法輪寺。

本堂では護摩祈祷が行われていました。

DSC_2350

葛木神社前で記念撮影

DSC_2353

謹賀新年の文字が奇麗に写っています。

今までで一番温かい元旦の金剛山山頂でしたが、太陽の恩恵のない夜に長時間いると寒くなりますので、焚火にあたり暖をとります。

焚火の光で温かな光に包まれた転法輪寺境内。

DSC_2359

DSC_2360

DSC_2363

焚火を前に記念撮影。

DSC_2366

体も温まり、焚火の温かさを惜しみつつ場所を移してお茶の時間。

見事にTHERMOS(サーモス) 山専ステンレスボトルが並びました。

DSC_2374

のぶさん、コーヒーありがとうございました。

皆様、差し入れのお菓子ありがとうございました。

普段では経験するこのない時間の登山で、お疲れのことと思います。

深夜の遅い時間になってきたので、のぶさん御一行は下山の途に。

また年越し登山でお会いしましょう。(´∀`*)ノ~

DSC_2375

午前2時前 になると人影もまばらになり、金剛山山頂には静かな時間が流れはじめますが、時折、賑やかな若い人達が登ってきます。

カウントダウンイベントの後に金剛山に登ってくるのだろうか?

DSC_2376

これも元旦の風物詩。

若いっていいな~、としみじみ思います。

つづく

金剛山からの遠望

金剛山からどこまで遠く見通せるか?

そんなことを考えもせずに、たまたま撮影した写真を調べたら、はるか200km以上先の白山・大汝峰・七倉山が写っていたから驚きです!

葛城山の向かいにある、比叡山山頂の光(当時はそう思っていましたが、実際は蓬莱山・武奈ケ岳の山上スキー場の光でした)が良く見えるな~と現地で感動していました。

night_climb220314Panorama shot(山名入り)

※写真を2回クリックすると、6493×2330ピクセルの画像でご覧いただけます。

しかし、撮影後はしばらく放置していたのですが、パノラマ写真に合成出来るフリーソフトがあることを知ったのをきっかけに、写っている山の名前を記したら見易いだろうと思って調べると、想像をはるかに超える遠望まで写っていたから驚きです。

こんな遠くまで見通せるとは知らなかったので、夜景がきれいに撮影できるようにと、ズームレンズの70mmの位置で撮影しています。

この日は下界と上空が霞み、自分が立っている金剛山 葛木神社横のブナ林の標高約1100m付近の空気だけが澄んでいるという不思議な気象条件でした。

当時の天気図を「tenki.jp」から拝借したものが下。

20100614tenki

天気図が読めないので、高気圧に覆われているな、ぐらいしか分かりません。

金剛山から200km以上遠くが見通せる日は、一年に何回ぐらいあるんでしょうね。

葛城山から見える大和の街の夜景 (名入り)

昼間は霞んで見えている景色も、太陽が沈み闇に包まれると、街の灯りで驚くほど遠くまで見通せるのが夜景観賞の魅力の一つです。

目の前に広がる夜景を眺めるだけでも感動しますが、その光を発する場所が分かると、より感動が深まることでしょう。

例えると、登山をして山頂から目の前に見える山の名前か分かるのと分からないのとでは大違いでしょう?

そんな訳で、葛城山から見える大和の夜景に駅名や著名な施設名を印してみました。

これを見ると、位置関係が良く分かるのではないでしょか。

大和の街の夜景で位置関係を探って行くには、特徴のある畝傍山を起点にするのが分かりやすいと思います。

画像をクリックすると、1280×856ピクセルの画像に拡大します。

大和の夜景(名入り)

※駅や施設の位置関係は大体正確だと思いますが、多少のずれはご勘弁を。 もし全く違ってたら教えてください。

画面左側の木々に隠れながらカーブしている光の曲線の所は、五位堂。

その上は広陵町で、大和御所道路の奥が田原本町だと思うのですが、葛城山から離れているのと、町の光がまばらなので特定が難しいんですよ。