平成28年~29年 金剛山へ年越し登山 千早城跡~千早本道を登る

金剛山に夜登る人の大多数は千早本道を使うと思いますので、夜の登山道の様子を紹介します。

前回の年越し登山の時に、千早本道を登り始めて5分ぐらいの所にある水場から分岐している、千早城跡へ至る道の照明が点灯していたので、今回も千早城跡がライトアップされているのではと思って、富田林警察千早駐在所前からスタートすることにしました。

金剛登山口バス停から南向きに撮影。左カーブの左側からスタート地点で右側に駐在所があります。

night_climb2016123120170101-3

ここに来て思いだした。千早城跡へはウォーミングアップなしの激登り階段だったことを。

night_climb2016123120170101-4

下ってるようにも見えますが、激登りです。しかも一段一段が高い。

night_climb2016123120170101-5

登り始めて1分もしないうちにしんどい 。

night_climb2016123120170101-6

一気に高度を稼ぐので、すぐに夜景が見えるようになります。

石段のすぐ左側に見えるのが、千早地区の灯りで、画面上の灯りは河内長野の夜景です。

night_climb2016123120170101-7

千早城跡広場から千早神社への参道。

night_climb2016123120170101-8

電球が点灯している左の道を下ると本道の水場に出ます。

素直に千早本道の水場からこの道を登って来れば良かったと後悔。

night_climb2016123120170101-9

階段を登って行くと正面に千早神社があります。なを、千早本道へは右側の看板の方へ進みます。

night_climb2016123120170101-10

途中、倒木をまたいで通過。

night_climb2016123120170101-11

千早本道の七曲りを登りきったあたりに合流します。

night_climb2016123120170101-12

三合目。

千早本道は道が整備されているので暗いライトでも分かりやすいのですが、足元ばかり照らさずに、目の前も照らして進む方向を把握するようにしましょう。

night_climb2016123120170101-13

四合目。

最近は明るいライトがホームセンターで安く購入できるようになりましたが、焦点がスポット的な物が多い気がします。個人的には写真のように配光が拡散するタイプの方が歩きやすいと思います。

night_climb2016123120170101-14

五合目。

左にあるのが簡易トイレで、右側にウルトラマンとバルタン星人の石造があります。

ここから風が吹き抜けるようりなり体感温度がぐっと下がりますので、私の場合はこの撮影場所でザックを一旦おろして、上着を着て寒さ対策をするようにしています。

night_climb2016123120170101-15

六合目。

闇を切り裂いて進んで行く感じ。

night_climb2016123120170101-16

二股に分かれる所。

千早本道なら足元の階段だけ照らして登ってもまぁ大丈夫ですが、他の山で夜間に登ろうと思うと、これぐらい配光が広いライトの方が歩きやすいですね。

night_climb2016123120170101-17

七合目。

安心の木製階段。このあたりまでくると、山頂までだいぶ近付いた感じでしょうか。

night_climb2016123120170101-18

ブナ林が始まる所

ここだけ道が狭くなってますが、柵があるので転落の心配はないです。

night_climb2016123120170101-19

八合目。

山頂まであと一息。この後ろで道が二方向に分かれますが、九合目の看板の所で合流しますので、どちらを進んでも大丈夫。

night_climb2016123120170101-20

九合目

night_climb2016123120170101-21

楽な道のコンクリート橋

山頂にある街灯の光が見えて安心しますね。

night_climb2016123120170101-22

右の窓から漏れる灯りはトイレで正面は街灯の灯りです。

night_climb2016123120170101-23

階段の延長線上に見える灯りはこの右側の照明なんです。

国見城址広場まであと少し。

night_climb2016123120170101-24

到着。

目の前には大阪の夜景が眼下に広がっています。

真っ暗な登山を登ってこの夜景が見られると感動しますが、雲に覆われ真っ白なことも多いので、その場合はあきらめましょう。

night_climb2016123120170101-25

千早本道は夜の暗闇でも道迷いの心配がほぼないので安心して夜間登山の練習に使えると思います。ただ、安全な道とはいっても片道約1時間は暗闇なので、装備はしっかりとして下さいね。

広告

二上山(雌岳)への登山道

二上山は金剛山地北部に位置し、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰である。(ウィキペディアより)

この二上山の低い方の山「雌岳」の山頂は平らになっていて、徒歩で10秒も歩けば大阪と奈良の風景が楽しめる場所なので、夜景撮影にうってつけです。

そこで、夜間に登山道を登ろうと言う人のために夜の登山道を紹介しましょう。

まずは、雌岳の南側に位置する国道166号線(竹内街道)の、竹内峠手前の大阪側にある万葉の森駐車場をスタート地点とします。

night-24

夜に撮影しているのに大阪の街の明かりが強烈なので、長時間露光をすると日没直後のように空が明るい。

目の前にある黄色のU字型の車止めの向こうが登山道で、その右が国道166号線。

night-1

ここから先は真っ暗です。

night-23

1分ほど進むと左側に階段が見えてきますので、こちらに進みます。(鹿谷寺跡ルート)

ちなみに、暗闇の方向の舗装路を進んでも途中で鹿谷寺跡ルートと合流するので、安全重視の場合は舗装路をお進めします。

night-22

駐車場からまだ3分程度で体がまだ温まっていないのに、この激登りは気持ちを萎えさせます。

激登りな階段を登り、この倒れた木を過ぎてすぐに左に曲がります。

night-21

約20~30歩程度でこの岩壁のような場所にきますので、右に曲がります。

左に曲がると展望台まですぐです。

night-20

鹿谷寺跡を抜けて、いよいよ二上山登山の最も危険地帯を行きます。(ここまで約5分)

night-19

目の前の岩場を登って行きます。

night-18

細い岩場が続きます。

真っ暗で見えませんが、右側は崖です。

night-17

登りきって振り向いて撮影。

左が崖ですね。

night-16

まだまだ続く岩壁。

night-15

登ってから振り向いて撮影。

昼間はなんてことない岩壁ですが、夜間に登るとスリリングだと思います。

night-14

岩壁を登りきると、大阪の夜景が一望できます。

night-13

二上山の危険地帯はここまで。

さっきの岩場を少し登ると、駐車場下にある釣り池の方から来た道と合流します。

night-12

この後は木の階段を登ると舗装路の分岐に出ます。

駐車場を進んですぐの鹿谷寺跡ルートに向かう分岐の階段ではなく、舗装路をまっすく進むとこの場所で合流です。

night-11

ここから道は広く歩きやすくなります。

遊歩道のような道を進むといよいよ大阪の夜景が眼下に繰り広げられて行きます。

この右側は、草木が刈り取られて広場のようになっていて眺めは最高ですよ。

小枝の右側の所に関西国際空港が見えるのが分かりますかね。

night-10

馬の背を右に曲がると雌岳に向かう登山道です。

道の右側が売店で、左側がトイレ。

night-9

馬の背を通らない短絡路と合流地点。

night-6

41番地点から振り返って、馬の背から登ってくるとこんな感じ。

night-8

短絡路を通るとこんな感じ。

night-7

41番の右側を通り登っていくと雌岳山頂に到着。

背後には奈良の夜景が広がっています。

night_cclimb20081202-1

畝傍山の稜線が見えますね。

 

反対を向くと大阪の夜景が広がっています。

 

night_cclimb20081202-2

万葉の森駐車場から雌岳山頂まで30分。

金剛山に登るよりは時間が短くて済むので、夜間登山の練習にはいいかもしれません。

でも、夜間登山をするときはくれぐれも安全には注意してください。

%e4%ba%8c%e4%b8%8a%e5%b1%b1

なを、雪が積もった時の記事は「二上山へ早朝登山」をご覧ください。

 

千早園地で聞こえた音は?

9月28日の夜間登山では、千早園地の広場を過ぎて葛木神社の方へ向かって歩いていると、水源施設の手前あたりの藪で「ガサガサガサ」「バキバキバキ」という音が聞こえてきた。

藪の中で草木を掻き分け、地面の小枝でも踏んだような音が自分の横を移動しているように聞こえる。

オカルトだとしたらえらく存在感があるが、それはないなぁと思い、多分猪が藪の中を移動しているのだろうと、想像する。

DSC_2320

しかし、猪だったとしても、藪から出てこられると困るわけで、極力音を立てないように歩いてその場を立ち去った。

姿を見てないので実際のところ何かは不明ですが、何もなくて良かったと言うのがホントのところでした。

伏見峠(念仏坂)ルートで金剛山山頂へ

金剛登山のために府道705号線の山間を走っていると、やがて金剛登山の入り口である千早登山口のバス停に到着する。

千早登山口のバス停を過ぎて終点のロープウェイ前でバスを降りて少し下った所が百ケ辻という場所で、ここから伏見峠(念仏坂)ルートが始まる。

ここは千早本道と並んで登る人が多いルートで、コンクリート舗装がされているので歩き易いが、登山になれた人はそれが不評のようだ。

しかし道迷いの心配がないこのルートは、夜間登山にはお勧めのコースである。

百ケ辻駐車場を出発する。

いつも間にか街灯がナトリウム灯からLEDに変わっていて、闇夜に強烈な白い光を発している。

DSC_2312

まっすぐに続くコンクリート舗道。

コンクリートが暗闇に白く反射して道の判別がし易い。

DSC_2314

寺谷ルートへの分岐。

この写真ではわからないが、少し登ると左側に寺谷ルートへの道が付いている。

早朝登山の人は、山頂にある捺印所への最短ルートて行けるこの寺谷ルートで登る人が多い。

DSC_2315

伏見峠(念仏坂)ルート最大の激登り。

昼間に登ると強烈な傾斜にうんざりしますが、夜間登山の場合は、傾斜があまり認識できないのにしんどくなります。

DSC_2317

激登りを過ぎて木々のトンネルの先は、ダイヤモンドトレールに合流。

左に見える白い点は、千早園地キャンプ場の街灯に光。

DSC_2318

千早園地キャンプ場のトイレ前。

週末なので、キャンプ場で宿泊している人がいるようです。

照明が灯り明るく、ホッとします。

DSC_2319

夜の千早園地。

夜間の千早園地のライブカメラは白黒画面で、現地はけっこう明るいように感じますが、実際はライブ映像のようには明るくありません。

この写真はライブ映像に写る現地はこんな感じに見えるのでは? という風に撮影していますので、補助照明を思い切り照射しています。

現地では自動販売機の照明だけなので、真っ暗でライトがないと歩けないでしょう。

ライブカメラの映像は視聴者が見やすいように、丁寧に調整された映像なんですね。

DSC_2320

千早園地を過ぎて少し下ったS字の場所。

ヘッドライトと補助照明全開なので、対向者がいれば眩しくてとっても迷惑な状態。

DSC_2323

出迎え不動さんの前。

右に行くと湧出岳の電波塔へ、左に行くと、金剛山山頂へ向かいます。

ここは三叉路なので、街灯のおかげで道迷いの心配がありません。

この場所に街灯を寄贈して頂いた人に感謝です。

DSC_2325

右側が葛城神社で、本来の金剛山山頂がある場所。

DSC_2326

国見城址広場に到着。

目の前には大阪の夜景が広がっています。

DSC_2328

ここからはこういう風景が広がっています。

画面奥、左側が西宮市で右側が尼崎市から宝塚市です。

DSC_2330

久しぶりの金剛山への夜間登山は、やっぱり良かったですね。

満月の登山道

この日の登山開始時刻は午後7時34分。

普通ならすでに下山を終えて、その日の山談話に花が咲いている頃でしょうが、登山時間に何の制約もない私はこれから登山を始めます。

さっきまで街中のように明るかった道も、千早本道の入り口に立つと目の前は漆黒の闇。

上の写真の道を突き当たりまで進んだ右側なんですけど、山の闇は深い。

暗闇の坂を歩いていると、ヘッドライトの光にコンクリート構造物が浮かび上がり、砂防堰堤が完成しているのがわかった。また、路盤もコンクリートが打設されて歩きやすくなっていた。

つまり、それほど金剛山から遠ざかっていたわけだ。

七曲がりの階段を登りると、お月さまの光が登山道に差し込んできます。

月が明るければ、この辺りから先の登山道は比較的明るい状態が続きます。

夜間でも千早本道が登り易いのは、登山道が整備されていることもありますが、尾根筋なので空の光や街の光が届きやすいことがあります。

途中をすっ飛ばして、ここはどこでしょう。

千早本道を通い慣れた人なら、このシルエットでここは自衛隊道との分岐だとおわかりでしょう。

この写真はけっこう現地で見るのと同じような感じで写っています。

月の光で空は明るく、ヘッドライトの明かりで登山道の階段がぼんやりと照らしだされています。

下の写真はヘッドライトを消灯して撮影しています。

これぐらいなら、ヘッドライトなしでも登れそうです。

この日は月の光がなんとも美しい光景に見えましたが、登山道で見る月の光は不気味であったりもしますので、気分次第なのかもしれません。

こちらは9合目。

光を拡散するタイプのヘッドライトなら、こんな感じに見えることでしょう。

ゴールの捺印所前。

暗闇の登山道を登ってくると、山頂の明るさはまさに天上界に思えます。

道中の暗闇と光に溢れた山頂のギャップが、金剛山の夜間登山にはまる理由かもしれません。

夏の夜に見る雪夜の登山道

今年は仕事の都合でサッパリ山に登ることが出来ない。

なので、ボツにした写真でもアップして、記事ネタとします。

登山日は2月13日の午前4時52分。

今の時期なら空はもう明るくなっていますが、この時は冬真っ只中です。

クソ暑い時に雪の写真をみるのも、ある意味節電に役立つかもしれません。

雪で一面真っ白の登山口をスタートします。

高城茶屋の前を左に進みます。

目の前には巨大な堰堤が見えます。

それにしても、スローシャッターで撮影しているとは言え、明るいですね。

ヘッドライトと、肩ベルトに取り付けたサブのヘッドライトの二つを最大光量で点灯させているので、闇夜を切り裂くという表現がぴったりの明るさです。

振り向くと登山口の明かりがとっても美しいです。

橋のところを右に進みます。

少し進んだ所にあるこの橋の手前を右に曲がると、氷瀑が楽しめるツツジ尾谷ルートとなります。

当時はツツジ尾谷ルートの入り口に立ち入り禁止の立て看板がありましたので、ここから下の写真はボツとしていました。

まぁ、夜間に作業をしている人はいないのでそのまま進んで行きます。

すると、いきなり表れるメチャメチャ狭い道。

ここは落ちても怪我するほどの高さはありませんが、夜なので怖さは倍増どころではありません。

次に現れたツツジ尾谷ルート一番の難所。

単独なので、ここはさすがにモデルを入れての撮影は出来ません。

約10kg以上あるザックとクソ重い三脚とデジ一を担いでここを通過するのは冷や汗ものです。

腰折れ滝?にかかる丸太橋の手前。

写真左側に落ちたら何メートルぐらい転落するんでしょうね。

この先の丸太橋の所で二つ目の立ち入り禁止看板があり、ここではロープを何十にも張り巡らして立ち入らないようにしていました。

さすがにそこまで厳重に立ち入りを制限していると、誰もいない夜間とはいえ、登山道自体がどうなっているのかもわからないので、ここで引き返すことにします。

一旦下山してから千早本道を登っていると、3合目付近から空が明るくなり、5合目付近ではヘッドライトは不要となります。

山頂からの夜景を見ることは出来ませんでしたが、お約束の一枚。

この日の気温は氷点下7℃と、冷え込んでいました。

ツツジ尾谷ルートで足を滑らせて滑落したら、確実に凍死しますね・・・

しかし、この記事はクーラーを効かせて「暑い~」と言いながら入力しています。

下りは、千早本道5合目付近からの脇道からツツジ尾谷ルートの二ノ滝に向かう。

このとき、ラッセルしながら進むのが大変だということを実感しました。

しばらく進むと、下の方からグループの話し声が聞こえてきた。

なんや、休日なんで山の作業も休みやったんや。

今年唯一拝むことが出来た、二ノ滝の氷瀑。

写真を撮影してませんが、この滝の左にある巻き道は、この日の夜間に登るとかなりキツかった感じです。

夜間登山でツツジ尾谷ルートを登るのは、意外と危険なので、実行される方はくれぐれも注意してくださいね。

では、取り敢えず涼しくなりましたか?

千早城跡に至る石階段

ザ・金剛登山のキバラーさまから、登山口から千早神社までの夜景を撮影してこい、という指令を受けたような気がしたので、早速撮影してきました。

右手の建物が駐在所で、左手の建物が”トイレ”です。

トイレを過ぎると、ウォームアップする間もなく、この激登りの石階段を登って行きます。  

起床してから、まだ1時間しか経過していない体に、いきなり始まるこの激登りがこたえます。

同じ場所から撮影したものでも、ライトの照射方法を変えると、まるで人霊のような感じに写っていました。しかし、それっぽく撮影したもんだと、我ながら感心します。 

こんな階段がずっと続くので、寝起きの体には、ほんとしんどい。

あと少しで千早城跡の広場というところまで登ってくると、千早の村の明かりと、大阪の夜景が見えるようになります。街の灯りが見えると、ヤル気が出てくるのが不思議です。

さて、大阪の夜景を見ながらやっとこせ、千早城跡に到着しましたが、ここで重大な問題が発生しました。

雉撃ちがしたくなったんです・・・

雪が積もる広場をウロウロと探しますが、トイレはありません。

ちょっと山の中に入って・・・、と言う考えが頭をよぎりますが、そんな不敬なことするわけにもいきませんので、ここは登山口まで下山することにします。

しんどかった登りも、下りは早い。

いや~、登山口のトイレはいいですね。なんといっても、夜でも照明が灯っているので明るい。千早園地にあるトイレや水越峠のトイレは、夜間は照明なんてありませんので、真っ暗闇の中で用をたしてたことを思えば、格段に快適です。

では、気を取りなおして、今度は高木茶屋の方から千早本道を登ります。 

暗闇の七曲りを登る人。(私です)   

これを撮影するのに、タイマー10秒+シャッタースピード30秒分登ってから、また下ってきます。

同じ場所を明るく撮影するとこんな感じになります。

ここで予定よりも1時間近くも遅れているのと、撮影のため登ったり下ったりを繰り返しているのが、地味~に体力を消耗してきました。

5合目からは、ツツジ尾谷の二ノ滝を見るために、千早本道から別れて細い道を進みます。

しっかし、この道は本当に細い!

三脚の足を伸ばした状態では立てられない。

途中の大木が倒れて、登山道を塞いでいる場所を通過するときは難儀しました。こういう時は、デカイ三脚とデジタル一眼が邪魔になりますが 落とさないように注意してこの大木の下をくぐります。

この細い抜け道を通り、二ノ滝の上まで来ると、水の流れる音とともに、それまでとは違う一段と冷たい冷気が吹き抜けてきます。

ここ数日は気温が上昇し、暖かくなったと言っても、汗で濡れた体は急速に体温を奪われて寒さが増します。こんな所で肌着の着替えは出来ないし、かといって、このまま二ノ滝まで下りて撮影すると体を冷やしてしまうので、ここで引き返すことに決めます。やはり、この二ノ滝を撮影するためには、ついでに寄るという行き方では駄目なことがわかりました。

しかしそうなると、さっきの倒れた大木をまたくぐる必要がありますが、それはまぁ、しかたありません。

再び千早本道の5合目まで戻ってきましたが、今日は下山を予定していた時間になったので、登山はこれで終りにします。結局山頂には行ってませんが、千早城跡に至る激登りの石階段を登ったことでヨシとします。