金剛山へ年越し登山も10年

金剛山の夜景を撮影し始めたのが平成20年(2008年)。

その年の大晦日から年越し登山を始めてたのですが、かれこれ10年分の写真を振り返ってみます。

 

平成21年(2009年)元旦

金剛山と言えばこの場所。夜間登山を何回か経験して見慣れた風景と思うようになり、夜間登山を辞めようかと考えつつも、せっかく登ったのでいつもの構図で撮影をしていましたが、この時は記録写真のようになるとは思いませんでした。

雪は地面に薄く積もっている程度で、捺印所前のカマクラはありません。

この頃はまだ、金剛山の夜景撮影はコンパクトデジタルカメラが主力でした。今見ても、なかなか奇麗に写っていると思いますので、デジタルカメラの描写性能は。この時代にはある程度完成されていたのかもしれませんね。

 

 

平成22年(2010年)元旦

この年のは台風の影響で、国見城址の西側斜面が崩れたままとなり、斜面にはブルーシートが掛けられていました。今ではこの場所にポールやチェーンの設置と共に植栽が植えられています。

雪は地面に薄く積もっている程度ですが、カマクラが大きいのは、雪が積もったときに付近の雪をここに集めて大きなカマクラを作っているからです。

ニコン D70で撮影。

デジタル1眼カメラとアルミ製三脚の重さに文句を言いながら登ってた頃でした。

 

平成23年(2011年)元旦

ここ10年で最も雪の多い元旦で、登山口まで冬用タイヤの車しか来れないほど雪が積もっていました。

この写真奥の崩落した斜面の補修が昨年[平成22年(2010年)]に終わったのですが、その時に金剛山頂の看板の位置が変わり、時計との間隔が広がっていました。

カマクラも人の背を超える高さに成長し、人が通行しにくいほど大きくなっていました。

ニコン D200で撮影。

レンズは沢山壊しましたがD200はいまだ健在。カメラはすべて中古で買ったものですが、このD200で撮影した画像の雰囲気が気にいっているので、カメラが壊れるまで使い続けると思います。

 

平成24年(2012年)元旦

雪と夜景と金剛山頂の看板と、まさに金剛山の夜景を凝縮した眺めです。

この年以降かと思いますが、昼間金剛山に登っている方々が年越し登山に来られるようになった気がします。

降った雪が踏み固められた状態。カマクラは小さくてもあると嬉しくなります。

 

平成25年(2013年)元旦

空気が澄み渡り、一番展望の良かった年。撮りためた写真の中で、金剛山山頂のシンボルと雪と夜景と人物が一番きれいに写っている写真です。

ブログで交流して頂いた方々と記念撮影をしました。その後皆様お元気でしょうか。私は金剛山の夜景撮影がライフワークになって元気にやっていますよ。

night_climb2013(1)

カマクラの大きさも例年並み。(個人的感想)

この年から明るく撮影しようとしていたのか、他の写真も明るいのが多い。夜景撮影の考え方を変えた年なんだと思います。

 

 

平成26年(2014年)元旦

この年も雪が多く、イルミネーションもどきに挑戦してみた年です。

カマクラの大きく立派でしたが、この年を最後に元旦の日の積雪量が減り続けている気がします。

 

平成27年(2015年)元旦

過去一番真っ白だった元旦。やはり、展望が良くないと残念な気がします。

この写真では捺印所が閉まっていますが、1時間30分後の元旦になると捺印所が開きます。

やはり霧が晴れて展望が良くなって欲しいとおもいますが、自然が相手なので仕方がないですね。

 

平成28年(2016年)元旦

この時は年末年始に入院してましたので、病室でライブカメラを見ていました。

ただただ残念な年でした。

 

平成29年(2017年)元旦

退院後、年越し登山が出来るまで体力が回復して嬉しかった年。

また、ライブカメラの毎時00分に写ることが定着したせいか、大勢の人が集合しています。

名物のカマクラもなくさびしい元旦。過去10年で元旦にカマクラがないのはこの年だけでした。

カマクラがないと、元旦の写真には見えないですね。

 

平成30年(2018年)元旦

12月に降った雪も温かい日が続き溶けてしまい、金剛山頂の看板前は氷に覆われていた。

大晦日の昼に降った雨のせいか、人出が少ない元旦でした。 

温かかった12月でしたが、カマクラは溶けずに残っていました。

 

こうやって見ると、変わらないところも多いのですが、少しずつ変化しているところもあります。特に金剛山頂看板裏の斜面は、崖になっているのと西に開けているためか大雨に弱く、この10年で2回も崖が崩れています。

年越し登山を始めた最初の頃は、元旦の金剛山に登って来る人と言うのは、葛城神社や転法輪寺へ初詣に来る人が多かったような気がするのですが、多くの人がブログで年越し登山の様子を発信されて数年が経過した結果、今では金剛登山の愛好者や一般の人が増えた気がします。

昨年は、NHKのドキュメント72時間という番組が金剛山を取り上げてからは、ライブカメラの存在が広く世間に知れ渡ることとなり、登山者増加の大きな要因となっているようです。また、これがきっかけなのか、他のマスコミが金剛山を紹介する事が増え、今後も金剛山に登山者が増えることが予想されますが、10年後の金剛山がどうなっているのか楽しみです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中