平成28年~29年 金剛山へ年越し登山

ザ・金剛登山2016年金剛山の年越しライブ映像は病室で見ていたので、今回は2年ぶりに金剛山で新年を迎えることができました。いやぁ~健康って本当に大事ですね。

新年を迎えた金剛山山頂のライブカメラ映像。

金剛登山道情報(金剛山のホームページ)>金剛山ライブカメラ金剛山の一日からの映像

Microsoft WDM Image Capture (Win32) [Version:  6.1.7601.17514]

現地の様子。(顔にぼかしを入れてます)

それにしても両脇にいた人、ライブ映像に入ってない~。これは残念。

night_climb2016123120170101-1

今回 というか前回やってみようとしてたのが、LED照明でイルミネーションをすること。

おなじみの金剛山頂看板前の様子。

night_climb2016123120170101-25

後ろに大阪の夜景が広がり美しい眺めなんですが、似たような写真ばかりになってきたので何か飾ってみようかと思ったわけです。

結果こうなりました。

night_climb2016123120170101-26

電柱に巻いたイルミネーションは思ったより出来が良かったのですが、チェーンの支柱の間に取り付けたイルミネーションが背景の夜景と同化してあんまりわからなくなってますね。

こちらがライブカメラの映像。

Microsoft WDM Image Capture (Win32) [Version:  6.1.7601.17514]

現地ではそれなりにきれいなんですけどね。

night_climb2016123120170101-27

引いて見ると電柱以外はさっぱり・・・

この結果を次回に生かすとしよう。

night_climb2016123120170101-28

さて、元旦の日だけ0時に捺印所が開きます。

そのせいか、年越し登山の方以外に回数登山の方も夜中に登って来ます。

night_climb2016123120170101-33

売店前の広場では 「低山徘徊者の徒然日記」の のぶさんと御一行。のぶさんには年越しそばを頂きました。ありがとうございました。また他のメンバーの方からは、鳥のお菓子の差し入れおいしかったです。写真でアップしようと思ったのですが美味しそうに撮れませんでしたスミマセン。クルミをホワイトチョコとで包んだお菓子美味しかったです。おまんじゅう美味しかったです。皆様ありがとうございました。

night_climb2016123120170101-37

こちらでは「ザ・金剛登山」のキバラーさんと御一行。キバラさんとは久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

night_climb2016123120170101-38

転法輪寺では31日から新年に日付が変わると、こちらの本堂で護摩祈祷が行われますので、その音が聞こえてくると新年になったんだな~という感じになります。

night_climb2016123120170101-34

それまで快晴だったのに、霧に包まれるようになりました。

night_climb2016123120170101-40

元旦の日だけ灯篭に光が入ります。

night_climb2016123120170101-46

元旦だけ特別に明るい葛木神社。

night_climb2016123120170101-48

一旦仁王杉まで下ります。

葛木神社の光と闇が対比する仁王杉のある場所。

写真だと怖そうにも見えますが、水越峠からダイトレルートを登ってきてこの光を見ると安心しますよ。

night_climb2016123120170101-57

この石段を登ると葛木神社。

night_climb2016123120170101-60

霧に包まれて幻想的ですね。

night_climb2016123120170101-61

国見城址広場へ戻る途中、転法輪寺からは宿坊跡で燃え続ける火が見えます。

night_climb2016123120170101-63

転法輪寺。

護摩祈祷も終わり静かな本堂。

night_climb2016123120170101-62

この日は気温も0℃ぐらいで例年ほど寒くはありませんが、それでも火の温かさを実感します。

night_climb2016123120170101-39

暖をとる人達。

いつもならあちこちを撮影しながら朝まで居るところですが、今回は病み上がりと言うことで無理をしないでここらで下山すことにしました。

一晩中撮影で山を歩き回って初日の出を撮影するのは案外体力がいりますからね。でも、金剛山に登れる程度まで体力が回復できたで良かったです。

今年は体力の向上を目指してトレーニングに励むことにしましょう。

night_climb2016123120170101-44

下山前にイルミネーションの片づけ。

華やかなのかどうか良く分からない状態・・・

night_climb2016123120170101-65

今回LEDのイルミネーションをやってみてわかったこと。

・気温が0℃ぐらいなら電池は一晩持ちそうだけど、使用した充電池(エネループ)の使用できる温度が-5℃までなので、これを下回る気温だと何らかの保温対策が必要。

・イルミネーションは線状に配置するよりはある程度まとめた方がきれいに見える。

・時計に巻きつけようとしたけど、すり下がってまけない。

・金剛山頂の看板は支柱が細いので巻きつけるのがめんどくさそう。

今回わかったことを次に生かすとして、ライブカメラを見ながら年越ししてた人は楽しんでいた抱けたでしょうか。

 

 

 

 

広告

平成28年~29年 金剛山へ年越し登山 千早城跡~千早本道を登る

金剛山に夜登る人の大多数は千早本道を使うと思いますので、夜の登山道の様子を紹介します。

前回の年越し登山の時に、千早本道を登り始めて5分ぐらいの所にある水場から分岐している、千早城跡へ至る道の照明が点灯していたので、今回も千早城跡がライトアップされているのではと思って、富田林警察千早駐在所前からスタートすることにしました。

金剛登山口バス停から南向きに撮影。左カーブの左側からスタート地点で右側に駐在所があります。

night_climb2016123120170101-3

ここに来て思いだした。千早城跡へはウォーミングアップなしの激登り階段だったことを。

night_climb2016123120170101-4

下ってるようにも見えますが、激登りです。しかも一段一段が高い。

night_climb2016123120170101-5

登り始めて1分もしないうちにしんどい 。

night_climb2016123120170101-6

一気に高度を稼ぐので、すぐに夜景が見えるようになります。

石段のすぐ左側に見えるのが、千早地区の灯りで、画面上の灯りは河内長野の夜景です。

night_climb2016123120170101-7

千早城跡広場から千早神社への参道。

night_climb2016123120170101-8

電球が点灯している左の道を下ると本道の水場に出ます。

素直に千早本道の水場からこの道を登って来れば良かったと後悔。

night_climb2016123120170101-9

階段を登って行くと正面に千早神社があります。なを、千早本道へは右側の看板の方へ進みます。

night_climb2016123120170101-10

途中、倒木をまたいで通過。

night_climb2016123120170101-11

千早本道の七曲りを登りきったあたりに合流します。

night_climb2016123120170101-12

三合目。

千早本道は道が整備されているので暗いライトでも分かりやすいのですが、足元ばかり照らさずに、目の前も照らして進む方向を把握するようにしましょう。

night_climb2016123120170101-13

四合目。

最近は明るいライトがホームセンターで安く購入できるようになりましたが、焦点がスポット的な物が多い気がします。個人的には写真のように配光が拡散するタイプの方が歩きやすいと思います。

night_climb2016123120170101-14

五合目。

左にあるのが簡易トイレで、右側にウルトラマンとバルタン星人の石造があります。

ここから風が吹き抜けるようりなり体感温度がぐっと下がりますので、私の場合はこの撮影場所でザックを一旦おろして、上着を着て寒さ対策をするようにしています。

night_climb2016123120170101-15

六合目。

闇を切り裂いて進んで行く感じ。

night_climb2016123120170101-16

二股に分かれる所。

千早本道なら足元の階段だけ照らして登ってもまぁ大丈夫ですが、他の山で夜間に登ろうと思うと、これぐらい配光が広いライトの方が歩きやすいですね。

night_climb2016123120170101-17

七合目。

安心の木製階段。このあたりまでくると、山頂までだいぶ近付いた感じでしょうか。

night_climb2016123120170101-18

ブナ林が始まる所

ここだけ道が狭くなってますが、柵があるので転落の心配はないです。

night_climb2016123120170101-19

八合目。

山頂まであと一息。この後ろで道が二方向に分かれますが、九合目の看板の所で合流しますので、どちらを進んでも大丈夫。

night_climb2016123120170101-20

九合目

night_climb2016123120170101-21

楽な道のコンクリート橋

山頂にある街灯の光が見えて安心しますね。

night_climb2016123120170101-22

右の窓から漏れる灯りはトイレで正面は街灯の灯りです。

night_climb2016123120170101-23

階段の延長線上に見える灯りはこの右側の照明なんです。

国見城址広場まであと少し。

night_climb2016123120170101-24

到着。

目の前には大阪の夜景が眼下に広がっています。

真っ暗な登山を登ってこの夜景が見られると感動しますが、雲に覆われ真っ白なことも多いので、その場合はあきらめましょう。

night_climb2016123120170101-25

千早本道は夜の暗闇でも道迷いの心配がほぼないので安心して夜間登山の練習に使えると思います。ただ、安全な道とはいっても片道約1時間は暗闇なので、装備はしっかりとして下さいね。