微速度撮影の練習

テレビを見ていると景色を早送りしているような動画がある。

雲や車や船が早く動いていたり、日の出や日没前後の景色が早送りで再生されているのが多いように思う。

どうやらこの動画は微速度撮影という技法らしく、撮影方法を調べてみると長時間露光した写真を数百枚以上重ねて動画にしているとのことのようだ。

なるほどねぇ、この方法ならビデオカメラで撮影しても暗くて写らない夜景が動画に出来るわけだ。

ということで微速度撮影の練習をしてみた。

 

なるほど、これはなかなか面白い。

金剛山の夜景撮影でアイデアが思い浮かぶけど、この撮影方法の一番の難点はとっても時間がかかることなんだな。

明るい満月の夜だったけど、今回の設定だと一枚撮影するのに11秒かかる。(シャッタースピード6秒、インターバル5秒)

今回は、約40分かけて撮影した写真200枚以上使っても13秒の動画にしかならない。

あと、日の出や日没といった短い時間で光の量が大きく変わる環境でも練習する必要があるね。

 

平成26年~平成27年 金剛山へ年越し登山(後編)

賑やかだった葛城神社を後にして、千早園地に向かいます。

こちらは仁王杉前。

現地ではこの辺りまでならライトなしでも行動できますが、補助光なしで写真撮影をすると、光量が少ないから奥の葛城神社以外は真っ暗に写ります。

撮影データ ISO400 シャッタースピード30秒

night_climb  26270101 (31)

一の鳥居前

なんだか異界への門といった感じですが、現地はそれほど怖い雰囲気ではないですよ。(多分)

night_climb  26270101 (32)

出迎え不動さんの前。

正面に進むと湧出岳で、右に進むと千早園地です。

千早園地から金剛山山頂に向かうルートでは最初に出会う街灯です。

night_climb  26270101 (33)

湧出岳にある金剛山展望塔の光は、金剛山へ夜間登山をするとき目印のように導いてくれます。

night_climb  26270101 (34)

千早園地に到着。

ライブカメラで見える映像は暗視カメラの様に遠くまで映っていますが、現地では自動販売機の照明だけなので、写真のようにあまり遠くまでは見えません。

コレとその下の写真はホワイトバランスの設定を忘れていたので、水中写真のようです。

night_climb  26270101 (35)

千早園地のログハウス。

夜間のライブカメラの光源となる自動販売機が眩しく光っています。

night_climb  26270101 (36)

香南荘前。

なんだか山火事のように見えますが。

night_climb  26270101 (37)

何が光っているのだろう?と行ってみると。

night_climb  26270101 (38)

ロープウェイ乗り場へ至る道に街灯があって、元旦の日は点灯しているんだ。

あぁ、そうか、初日の出をロープウェイで見に来るお客さんのためになんですね。

night_climb  26270101 (39)

オレンジ色の光に照らされた樹氷が美しく輝いていますが、強風が吹き付けている中でのスロー撮影はこれが限界でした。

night_climb  26270101 (40)

千早園地での撮影も終わり、再び転法輪寺前の大宿坊跡の焚火に向かいます。

やはり、氷点下の世界では焚火の炎は温かい。

night_climb  26270101 (42)

2015年も4時間を経過。

こんな時間でも登山者がいるようだ。

night_climb  26270101 (43)

冬は金剛桜が一番きれいに見える時期かもしれません。

night_climb  26270101 (44)

やっと雲は抜けて下界が見えるようになってきた。

night_climb  26270101 (45)

下界が見えるようにはなったけれど、雲は低く立ち込めているし、なにより西風が強い。

night_climb  26270101 (48)

国見城址広場から南西方向を見ます。

手前の黒部分が河内長野市にある錦織公園

その奥は、堺泉北臨海工業地帯で、大阪湾の対岸は六甲アイランドになります。

night_climb  26270101 (49)

少し視線を右に移動します。

画面中央を左右に伸びるオレンジ色の線は阪和自動車道路で、中央付近の白い光が吾彦大橋を渡る自動車の光。

中央奥が南港で、その奥は西宮浜です。

night_climb  26270101 (51)

また少し視線を右に移動すると、南大阪のランドマークであるPLの塔がそびえています。

画面中央、少し右にある白い光の帯は、住之江区にある阪神ゴルフセンター住之江店の光です。

画面奥は伊丹市ですね。

night_climb  26270101 (47)

さらに視線を右に移動すると、画面中央の赤い点が無数にあるところが大阪市の中央部分ですね。

画面中央の一番下が富田林で、画面の中央付近が近鉄南大阪線の河内松原駅付近です。

night_climb  26270101 (76)

しかし、文字で説明してもわかりにくいので、位置を明示したものを作るのは今後の宿題としましょう。

お気に入りの眺めは、国見城址広場から広がる大阪の夜景。

night_climb  26270101 (52)

西風にずっとあたって寒くなってきたので、温かい焚火の元に戻ります。

night_climb  26270101 (56)

焚火の炎で赤く染まったこの景色はきれいですね。

night_climb  26270101 (53)

night_climb  26270101 (54)

寒い寒いと思ってたら、大晦日の午後11時の時点よりも4度も気温が下がっていた。

そりゃ寒いわけだ。

night_climb  26270101 (57)

元旦は午前5時のオープンする売店。

店内は温かそうだな。

night_climb  26270101 (58)

転法輪寺寺務所も開いています。

それにしても、画面右の雪像上手だな。

night_climb  26270101 (59)

午前5時50分。

上空に雲が立ち込めているけど、大阪の夜景はよく見えるようになったので、初日の出は期待できるかも。

night_climb  26270101 (61)

午前6時を過ぎて、辺りは徐々に明るくなってきた。

night_climb  26270101 (67)

暗闇に浮かぶ灯篭の光を見れるのもあとわずか。

太陽の光が増えてくると、幻想的だった世界から現実に戻っていくようだ。

night_climb  26270101 (68)

葛城神社の境内から初日の出を拝む。

なぜなら、直前まで焚火で温まりたかったから。

一晩中金剛山山頂にいたらそりゃ寒いよ。

night_climb  26270101 (69)

しかし、残念ながら初日の出は見ることができなかった。

これだけ雲が低く立ち込めていたらね・・・

night_climb  26270101 (70)

さて、これで夢のような年越し登山もいよいよ終わりです。

帰って寝るとするか。

night_climb  26270101 (71)

さて、普段金剛登山をしているあなたに、金剛山の美しい夜景観賞の登山プランをご提案。

元旦の午前4時半ぐらいから登り始めて、午前5時半ぐらいに山頂に到着。

国見城址広場で大阪の夜景を眺めて、葛城神社横のブナ林で奈良の夜景を鑑賞した後は、午前7時ごろに初日の出を見ます。

このプランの見どころは、一年に一度しかない灯篭に明かりが灯った参道に大宿坊跡の焚火。

ライトアップされた社殿や街灯に照らされた山頂が見どころです。

寒くなったら焚火で温まったり、売店で温かい食事をとるのもいいでしょう。

天候が良ければ大阪と奈良の夜景を鑑賞することができて、初日の出まで拝めるという盛り沢山のプランですよ!

平成26年~平成27年 金剛山へ年越し登山(前編)

あけましておめでとうございます。
平成20年の年末から始めた年越し登山は今回で7回目になりました。

金剛山登山ではお馴染の本道を登っていくと、水場のある所から千早神社に向かう分岐が照明で明るい。

night_climb  26270101 (1)

昨年までは真っ暗だったと思うので、新たに照明を設置したのだろうか?

金剛山山頂の葛城神社が照明を灯しているのだから、麓の千早神社もライトアップしているかもしれないので撮影しようかと思ったけれど、寄り道をしていると山頂に到着する時間が遅れるので、次回は千早神社から撮影することにして山頂へ向かうことにする。

night_climb  26270101 (2)

本道の七曲りを登ったところから本格的に濃霧に包まれた。

これは五合目の様子。

ご覧の通り、照明に照らされた手前は真っ白で、奥は真っ黒。

night_climb  26270101 (3)

濃霧の夜間登山には登りにくい。

それでも慣れた道なので、途中撮影しながら一時間ほどで金剛山山頂に到着。

国見城址広場は霧で真っ白。

night_climb  26270101 (4)

捺印所前も真っ白。

night_climb  26270101 (5)

大看板のある広場も濃霧に包まれて、奥にある売店が霞んでいる。

night_climb  26270101 (11)

午後10時30分。

奥にある黄色い機械がカップラーメンを売っている自動販売機は、売店が閉まっている時間に温かい食事が取れるので、非常にありがたい存在です。

night_climb  26270101 (6)

大宿坊跡では一晩中燃やされる焚火が体を温めてくれる。

night_climb  26270101 (8)

気温マイナス1度。

今夜は比較的に温かいなぁと思ってました、この頃は・・・

night_climb  26270101 (10)

これから参道の灯篭に火が灯すと聞いて、さっそく見学に行きます。

大宿坊跡前の鳥居からスタート。

night_climb  26270101 (15)

真っ暗な参道に並ぶ灯篭に火が入ると、厳かな気持ちになります。

night_climb  26270101 (16)

灯篭に着火マンを使って火を入れています。

night_climb  26270101 (17)

画面左側の灯篭から順番に灯して、夫婦杉手前の灯篭まで火入れが終わっています。

night_climb  26270101 (18)

葛城神社へ至る道に車がいるようですね。

night_climb  26270101 (19)

こちらは別班が、一の鳥居にある灯篭から順番に火を入れてきたようです。

night_climb  26270101 (20)

元旦の葛城神社は特に美しい。

night_climb  26270101 (23)

2014年12月31日から2015年1月1日へ、ちょうど看板の日付の更新作業中でした。

night_climb  26270101 (21)

新年を迎える準備の様子を撮影していると、そろそろカウントダウンの時間になりそうなので、国見城址広場に向かいます。

2014年もあと10分。

飾り付け用に持ってきたLEDライト2個を金剛山頂の看板に置いてみた。

night_climb  26270101 (24)

この写真を見て、ライブカメラで見てもそれなりに映えるであろう演出を思いついたので、来年はそれを実行してみようと思います。

今回も色々ななグループがライブカメラの前で新年を祝います。

night_climb  26270101 (73)

それにしても、カウントダウンのときのライブカメラの視聴者数はどれぐらいいたのだろうか?

のぶさん御一行の記念写真。

のぶさん、今回は羊のお面ですか。

こうなると、干支のお面を一通りやって欲しい気がしますね。

night_climb  26270101 (74)

元旦の日は午前0時が捺印所が開きます。

モデルはのぶさん。

写真を見て気がついたけど、羊のお面を被ったまま移動していたんだ。

night_climb  26270101 (27)

転法輪寺では年頭初護摩祈祷の真っ最中です。

night_climb  26270101 (28)

参道を行くのぶさん御一行。

night_climb  26270101 (29)

葛城神社前で記念撮影。

記念撮影に混ぜていただきありがとうございました。

しかし、ヘッドライトを消すのを忘れてたよ・・・

night_climb  26270101 (75)

私はこの後、千早園地の方に撮影に向かうので、皆様とはお別れ。

そして、後編に続く。