二上山へ早朝登山

二上山の雌岳へ夜間登山(早朝登山)。

金剛山は冬になると雪が積もりますが、標高の低い二上山にまで雪が積もるのは珍しいので、雌岳山頂広場の雪景色の向こうに広がる夜景を撮影のため登ります。

国道166号線(竹之内街道)の大阪側にある万葉の森駐車場から、二上山雌岳を目指します。

なを、当サイトは暗闇の写真ばっかりなので、登山道の詳細については「二上山・登山道」などで検索をしてもらうと詳しく解説しているサイトが沢山ありますので、そちらを参考にしていただけると助かります。

night_climb  20140216 (1)

右側が国道166号線(竹之内街道)

車が通らなければ遊歩道は真っ暗。

night_climb  20140216 (2)

1~2分ほど進むと、左手に分岐が現れます。

左に曲がると生い茂った木々の間を登る階段で、直進する道は舗装された遊歩道なので歩き易いでしょう。

なを、どちらを進んでも途中で同じ所に合流しま。

ただ、個人的には昼間でも遊歩道の方は避けますね、なぜか・・・

night_climb  20140216 (3)

来た道を振り返るとこんな感じ。

night_climb  20140216 (16)

階段を進む。

登り始めてまだ数分での階段登りはしんどい。

night_climb  20140216 (4)

鹿苑寺跡を過ぎて岩場を登ると大阪の夜景が見えるようになり、楽しい夜間登山のはじまります。

night_climb  20140216 (6)

岩場からの展望。

大阪の夜景が目の前に広がります。

night_climb  20140216 (5)

しばらく夜景を眺めたくなる心境ですが、見晴らしが良い(夜景がきれいに見える)=まわりに何もないので吹きさらしで寒い、となります。

なかなかうまくいきませんね。

大阪の夜景を背に見ながら登ると、先程の舗装された遊歩道に合流。

左に進むと雄岳と雌岳の間にある馬の背に向かいます。

night_climb  20140216 (7)

大阪の夜景を左手に見ながらしばらく進むと展望台があります。

ただ、展望台に登らなくても遊歩道からはこんな夜景が見えます。

night_climb  20140216 (8)

馬の背に向かう遊歩道を外れて、雌岳に向かう道にショートカット。

night_climb  20140216 (9)

この階段を登ると雌岳山頂。

night_climb  20140216 (10)

雌岳山頂に到着。

ただし、遮る物が何もないので吹きっさらしで寒い!

night_climb  20140216 (15)

雌岳山頂から見える奈良の夜景。

二上山の雌岳山頂の良い所は、西の大阪の夜景と東の奈良の夜景が振り返って見れること。

葛城山でも大阪と奈良の夜景が同じ場所で見れますが、眼下に夜景が広がる見え方は二上山の雌岳山頂が圧倒的に良いですね。

night_climb  20140216 (11)

少し南を見る。

畝傍山の稜線が分かりますか。↓

night_climb  20140216 (12)

さらに南。

大和高田市から御所市にかけての夜景。

night_climb  20140216 (13)

まぁなんですね、地図もなけりゃ昼間の写真もないとくれば、この道を知った人でないと、どこか分かんない写真ばっかりですね。

二上山に夜間登山をしようと考えている人にお役に立てたでしょうか?

二上山の魅力は、なんといっても大阪と奈良の夜景が間近に楽しめることです。

山頂を西へ東へ行ったり来たりして夜景を楽しめますよ。

あと、8月1日に開催されるPLの花火も、金剛山山頂から見るよりも楽しめるのではと思ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中