写ってみた

平成25年9月28日の夜間登山で、国見城址広場に到着したのが19時55分頃だったので、金剛山ライブ映像の「金剛山の一日」に写ってみることにした。

金剛山の一日に記録される映像は、毎時00分30秒から45秒ぐらいだったような気がするが、カメラの時計が日本標準時からどれくらいずれているかわからないので、19時59分からカメラの前に立ち、その時を待った。

右肩には三脚を乗せ、左手ではスマホの時報画面を見る。

どんな風に写っているかは、帰ってからのお楽しみだ。

ライブ映像

この日は空気が澄んでいたので、背景の大阪の夜景も良い感じにギラついている。

しかし、なんだなぁ、自分の姿を見るのは間抜けだ。

 

金剛山登山情報の管理人さんが、情熱を注いで調整してくれたライブ映像によって、多くの人が金剛山の夜景の素晴らしさに触れるようになりました。

でも、現地で見る夜景は、パソコンのモニターに写る映像よりもはるかに素晴らしいです。

香楠荘に宿泊するなどして、金剛山の夜景の素晴らしさに触れて欲しと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中