ハクキンカイロのベンジン臭を軽減するには?

ハクキンカイロを使用していると、燃料であるベンジン臭が気になる。

ハクキンカイロの発熱原理は、ハクキンカイロ株式会社のサイトから引用すると、

気化したベンジンがプラチナの接触作用により「炭酸ガスと水」に分解され、そのとき発生する酸化熱を応用した、環境にとても優しい、安全でクリーンなハイテクカイロです。

とあります。

気化したベンジンが触媒のガラス繊維と接触すると酸化作用が発生するわけで、触媒のガラス繊維に気化したベンジンが接触することなく、ガラス繊維とガラス繊維の隙間を通り抜けると、気化したベンジンが大気中に放出されることになります。

これがハクキンカイロを使っているとベンジン臭がする原因なんでしょうね。

ということは、触媒のガラス繊維に気化したベンジンが触れる面積を増やしてやれば、大気中に放出されるベンジンが少なくなり、結果としてベンジン臭が軽減されるのではと考えた。

では、気化したベンジンが触媒のガラス繊維に触れる面積を増やすにはどうしたらいいだろうか?

最も簡単な方法は、換え火口を購入してその中のガラス繊維を既存のハクキンカイロに追加すればいいだろうと単純に考えてみた。

早速、換え火口1個を用意する。

DSC01621

火口を拡大。

触媒のガラス繊維が綿状なのは、気化したベンジンと酸素が混合しやすいからだろう。

DSC01622

火口を裏返す。

仕切り板の開口部分で気化したガスの流量を制御しているので、この大きさがノウハウの一つだと思う。

DSC01624

火口を分解する。

真ん中の綿状のものが、触媒となる白金が含まれたガラス繊維。

DSC01625

このガラス繊維を二つに分解する。

分解する方法は、綿なので手で引っ剥がすだけの作業。

DSC01626

二つに分けた触媒のガラス繊維を、使用中のハクキンカイロの火口に追加する。

DSC01627

使用中のハクキンカイロの火口を分解する。

DSC01628

分解した火口に半分にした触媒のガラス繊維を詰め込む。

DSC01629

ガラス繊維を押える役目の仕切り板を取り付ける。

DSC01630

これで触媒の量が1.5倍に増えたことになり、その分気化したベンジンが触媒に接触する面積も増えることになる。

DSC01631

触媒の量を1.5倍に増やしたので発生する熱量も増えることになるから、ハクキンカイロ本体がより々熱くなって燃費も悪くなるはずだ。

さて、肝心のベンジン臭がどうなったのか?

実際のところ、ようわかりませんわ。(´д`)

注意 : 改造は自己判断です。当方は一切の責を負いません。

火口の発熱の様子は 冬山と普段の御供にハクキンカイロ(2013/01/15 at 9:18 PM)を参照してください。

※長時間撮影での撮影なので、実際に赤く見えることはありません。

広告