サイバーショット Cyber-Shot DSC-HX7V

例によって、コンパクトデジタルカメラが壊れたので、買い替えたのが ソニー製 Cyber-Shot DSC-HX7V。

今までずっと富士フイルム製ばかり使っていたのをソニー製に変更した理由は、「きれいな動画を撮影したい」から。

買ってすぐに動画撮影にチャレンジしたのがコレ ↓ なんだけれど、良く考えたら、夜の山なんか画面が真っ暗なので、画質を評価しようのない動画だったことに気がついた。

その後しばらく使ってなかったが、最近、三重県に行ったときに持ち出し、仕事帰りに温泉に入浴したついでに近鉄湯の山温泉駅を撮影してみた。

この時は、スローシャッターの設定が分からなかったので、ISO800でプログラムモードで撮影。

手ぶれ補正が優秀なのか、ブレずに写っているので優秀だと思う。

こちらもISO800のプログラムモードで撮影。

こういった場面を手持ちで手ブレなく撮影できるのは、手ブレ補正や、高感度の技術が進歩しかたらだろう。

画質云々を言うには特殊な場面ばかりだけれど、このカメラを使ってみたことで、ずいぶん技術が進歩したと感じました。

今後はこのDSC-HX7Vを主に使い、壊れたらCyber-Shotシリーズを買い続けようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中