金剛山でテン泊

金剛山に数ある登山道の中で、高低差1000メートルの登山道を整備して、日本アルプスの槍(やり)ケ岳など本格的な登山へ挑戦する“登竜門”をつくろうという計画が進んでいるらしい。

日本アルプス登竜門に「日帰り金剛山」名乗り

上記のような登山をする場合、高低差1000mを歩ける体力の他に必須な技術として「テン泊」が出来るということがあると思う。

テン泊は実行してみると、以外と様々な技術が必要になる。

まずはテントが設営出来ること。

最近のテントは簡単に設営できるようになっているが、日が暮れかかってからテン場に到着して、薄暗い中やヘッドライトの光を頼りにテント設営をするとなると、初めてだと悪戦苦闘するかもしれない。

また、降雨時や風が強い時のテント設営は工夫が必要になる。

テントが設営出来たら次は食事だが、食事の後のゴミをどうまとめるかも考えなければならない。また、晴れていればなんでもないことも、降雨時となるとテントの中か前室での作業となるので注意が必要だ。

食事が終わればあとは寝るだけだが、地面に敷いたマットに寝袋で寝るのは、繊細な神経の人にはなかなか寝付けないかもしれないし、これが晩秋ともなると、下界の真冬の公園でテン泊するのと同じような気温になるので、寝るのも技術が必要かもしれない。

そして一番の技術は、これらの装備をコンパクトにまとめてパッキングすることだと思う。

登山ではすべての荷物をザックに収納して自分で背負って歩かなければならないので、装備それぞれの重量や体積、これらをザックに詰め込む順序などが重要になる。

さらに食事や着替えなどで、ザックの中身の構成要因は日々変化するので、これに対処してパッキングしなければならない。

これらを練習もなしにぶっつけ本番だと、現地で苦労することと思う。

現地での苦労も帰ってからの良い思い出となるだろうが、連日高低差1000mを移動するような登山では、苦労は極力少ない方がいいだろう。

そう考えると、金剛山山頂はテン泊の入門や練習にはうってつけだと思う。

平らな場所があって照明に照らされているので、テント設営が初めてだとしても悪戦苦闘しながら出来る。

風をうまく遮ってくれる地形なので、強風の影響が比較的少ない。

自動販売機が近くにあるので、最悪、水が無くなっても補給が出来る。

そして、晴れていれば、素晴らしい夜景を観賞できる。

高低差1000メートルの登山道整備を整備して、日本アルプスの槍(やり)ケ岳など本格的な登山へ挑戦する“登竜門”をつくろうというなら、日帰り往復だけでなく、山頂でテン泊をして、翌日にダイトレ縦走という数日にわたる登山が出来ることを、もっと広報しれもいいのではないだろうか。

高低差1000メートル登山道整備について、上記リンクの記事の他に、下記のブログを参照しました。

ザ・金剛登山 金剛山に高低差1,000mの登山道が誕生?!

金剛山の四季 ~コウのブログ~ 金剛山 標高差1000mの登山道整備 2012.7.28

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中