昼の登山(太尾東尾根ルート・ダイヤモンドトレール)

今朝は早朝登山をする予定が寝坊してしまい、午前10時38分から登山開始となった。

登山コースは前回と同じ、水越峠から太尾東尾根ルートから金剛山山頂を目指して、ダイヤモンドトレールで下山という周回コース。

20年に一度と言われる寒気の影響で金剛山には大量に雪が積り、太尾西尾根ルートの最初からアイゼンが必要となった。

登り始めからフカフカの積雪が気持ちいい。

この場所、前回の登山ではコンパクトデジタルカメラで撮影していたのを、今回はデジタル一眼で撮影している。

確かにコンデジとデジイチで画質は違うけれど、こういう写真ならコンパクトデジタルカメラで十分な気がするな。

西隣りの青崩ルートとともに、この太尾西尾根ルートはなだらかに登って行くので、気分的に楽に感じる。

この急坂を登ると太尾塞。

太尾塞跡。

この辺りからは積雪量も多くて、雪山気分に浸れます。

大日岳。

今日はこの前で昼食をしている人が大勢いました。

大日岳から金剛山山頂へ向かう下り。

丁度お昼ということもあり、国見城址広場は大勢人が集まっています。

人が多いので、引いた写真撮影が無理だったので、人の隙間を狙ってアップで撮影。

すっかり大きくなったカマクラ。

葛木神社も入れ替わり立ち替わり

葛木神社横のブナ林。

今回やっと広場らしく撮影できた。

雪のない日に撮影しても、広場らしく見えないんですね。

お向かいの葛城山も雪化粧。

ソリ遊びするなら、金剛山よりも葛城山の方が楽しめそうです。

この寒い日にパラグライダーで飛んでます。

あちらはスピードがある分、体感温度がもっと低いでしょうね。

葛木神社のブナ林を後にします。

ダイヤモンドトレールで一番展望の良い場所。パノラマ台。

この辺りで気温が変わるので、上着を着たり脱いだりする場所。ベンチがあるから丁度いい。

カヤンボの橋まで下山しても雪がたくさん残っている。

ダイヤモンドトレールも水越峠の入口からアイゼンが必要だったみたいです。

登り始めから下山まで3時間。

前回の登山のように、この後葛城山へW登山をしようかと思ったけれど、足首の関節が痛くなってきたので今回はこれで登山終了。

長距離を歩くと必ず足首の関節が痛くなるので、水越峠から金剛山山頂往復程度の距離が丁度いい感じでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中