PLEPS ピープス バックカントリーザック (旧モデル)

ピープスといえば、雪崩に遭遇した際の救助活動に使用されるビーコンが有名ですが、救助活動に使用されるゾンデ・ショベルなどの資材を持ち運ぶためのザックが販売されています。

左右非対称に配されたグレー地と黄色という色使いと、天袋に縫いつけられた黄色地の山形模様が、

PLEPS (ピープス) のバックカントリーザック モデル名:PLECOTUS 36 (プレコトス36)

旧モデルの特徴と言えます。

天袋は左右のベルトで固定されて、サイドパネルのベルトはスキー、スノーボードなどの長尺物を取り付け易いように、アルミ製のフックで掛けられています。(このベルトは意外と重宝します)

サイドファスナーを下ろすと1気室のザックが大きく開き、荷物の出し入れが簡単に素早くできます。

ザックに小物入れが付属されていて、ベルクロで本体に取り付けされている。

小物入れ 拡大。

フロントパネルのファスナーを開けると、ショベル・ゾンデ用が収納し易いように、ポケットが縫製されている。

防水ファスナー

生地は厚手でかなり丈夫な印象をうける。

天袋

天袋も防水ファスナーになっている。

肩ベルトのパットは厚みは薄いので、重い物を詰め込んで長期間縦走するような使い方には向いていません。

無線機器を取り付ける部分に、サブのヘッドライトをアタッチメントを使用して取り付けている。

ウエストベルトも、肩ベルト同様にパットが薄い。

グローブをしていても操作のやり易いウエストベルトのバックル。

たまたま購入したピープスのザックですが、使い勝手が良く大変重宝しています。

山道具屋でピープスのザックを販売しているのを見たことがありませんので、実物を目にする機会がないことから、これらの写真で生地の質感やファスナーの具合についれ参考になればと思います。

ただ、このザックは旧モデルなので、生地の質感が変わっているかもしれません。

 

バックカントリーザックのカタログ記事はこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中