水越川の流れの変貌について

元禄時代、金剛・葛城山を仰ぎ見る水越峠は、水をめぐる争いの舞台だった。
大和・河内の国境水論問題に、京都奉行所が大和側勝訴の裁定を下した理由として、 葛上村(現在の御所市)史によれば、古より大和側が水越峠の水を大和斜面へ引水していた既成事実が決め手だったようです。

元禄水論において吐田郷が膀訴した根拠を省禁するに、この勝訴は元禄争論当時の人びとの功績によることは勿論であるが、その識許書に「金剛山本堂は古来大和州内に無紛、彼山大・福場差出候古証文にも為願然云々」と示される如く、勝訴の主因は、元禄よりも進かに古い時代に金剛山は大和領であることを主張し水越峠の水を大和斜面へ引水し、吐田郷水利の便を図り、さらに継続していた点にあるのである。

したがって私は水越水論の功労者は元禄の裁許において活動した人は勿論、それ、以前に水越峠の自然的条件を克順して、人智と人工をもって水越水利の既成事実を作りあげた入こそ、その最大の功労者であると評しても過言ではないと思うのである。このことは、私は佐助の水越争論における業績を示す由結書をみても明らかであると思うのである。すなわち、「葛城山萬字ケ滝並越口切通之両水河州方江切落し、吐田郷描付年々相滞難渋仕候処、右性助(宗倫) 過分の諸費相賭萬端一国一折候に付御領主小掘家より其時之功によりて蘭字帯刀永く差免候云々」とあるように、両水が、河州方によって切落されるまでは、この両水は吐田郷の方<一流下し、その水によって=-田郷は耕作していたことを間接に立証しているのである。

水越峠の水論とは、峠のどちらに水を流すかということになります。

自然の地形では河内側へ流れる川の水を、古の人々が人智と人工をもって大和側へ水の流れを変えた。
その後、河内側の地域が発展したことで水不足が表面化。そもそも自然の地形では河内側へ水が流れるので、川の水は河内側のものだと主張し、実力で水の流れを河内側に変えたことから、大和と河内で元禄の水争いとなった。
そして、元禄14年(1701)大和・河内の国境水論問題は、京都奉行所が大和側勝訴の裁定を下して決着した。

古から水の確保に腐心し、元禄時代には奉行所へ訴えて多大な労力を使ってまで勝ち取ったその水は、現在、河内(大阪)側へ流れていますが、ではいつ頃から水の流れが河内(大阪)側へ流されるようになったのだろうか?

近畿の登山 / 近畿登山研究会編,ヤナギ会, 大正13
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/977619/32
の記事には、大正時代に越口で大崩落があり、川の流れが変わったというような記述があります。

最近(大正13年の3月)葛城より水越峠へ下り此事をしつて、私は非常に残念に思つた。流れのなくなつたのは極最近のことらしく、葛城より下る途中、流れの□上手に大崩壊があつたが、其為か或ひは河内へ流れる様にするめに故意にしたものか、流れを埋めたらしい跡を見ると後者らしく思はれる。今、葛城の水は河内へ流れてゐる。そのため青崩路の水量は甚だしく増した様である。

確かに越口の奈良側の谷は崩落の跡があることと、 2011/03/06 にこの谷へロープを使って降りた時には、ひっきりなしに落石がありましたので、この場所の地盤が弱いことは確かなようです。
2011/03/06のブログ記事 「越口の谷はかなり危険」

越口に大崩落が発生したことが原因で、それまで大和(奈良)側に流されていた水越側の流れが河内(大阪)側に変わったのでしょうか? このことにより、現在見られる越口の地形になったのであれば、土砂の量が膨大なため取り除くことを諦めて、新たな水路が造られたのだろうか?

水越峠の水論の調査はまだまだ続く。

早朝の金剛山に来る人達

街灯が道路を照らしているものの、街中と違って、街灯がない場所は暗闇になる千早本道の登山口。午前4時ともなると早朝登山の人達がやって来て、暗闇の登山道を金剛山山頂を目指して登っていきますが、登山をしない人達も、真っ暗な時間にもかかわらず千早本道の登山口にやって来ます。

登山でなければどんな用件で、真っ暗な時間にやって来るのでしょう。

それは千早本道入口の高城茶屋隣にある湧水が目的のようです。

18Lのタンクや2Lのペットボトルに水が満タンになると、どんどん車に積み込んでいきます。

この水を自宅で使うのでしょうか。それとも喫茶店や飲食店で使うのでしょか? 水を汲むのはこの場所だけでなく、ロープウェイに至る途中の水汲み場を使う人もいらっしゃいます。

微妙に水の味が違うのか、車への積み込み易さの違いなのかわかりませんが、どちらにも常連さんと思われる人が、まだ暗い早朝に水を汲んでいらっしゃいます。

この二つは車が直接乗り入れることが出来るので水汲みは楽だと思いますが、水越峠からダイヤモンドトレールを金剛山に向かって登り、腰口を過ぎたところにある水場に、わざわざバイクで水を汲みに来る人もいました。

さすがに真っ暗な時間に遭遇したことはありませんが、早朝登山から下山しているときに何度が見かけたことがあります。

やはり水の味が違うのでしょうか???

冷やせば水道水でも美味しく感じる私の舌では、よくわかりません。