7月30日 金剛山でテン泊

今回のテン泊は、夜景を見るためのナイトハイキングコースの管理人 涼さんと、腰痛持ちの山登りの管理人 ぽんきちさんと金剛山でテン泊を実行した。

天気予報では夕方から夜にかけて一雨降るような予報だったが、午後4時の時点で空を見ると、登山をしている途中は大丈夫そうだったのでナイトハイク実行を決定する。

仕事が終わってから急いで準備をして金剛山に向かい、午後6時50分から百ケ辻駐車場前から伏見峠(念仏坂)ルートを登り始める。待ち合わせは千早園地で、すでにお二人は先行しているので、その後を追うように足を進めるが、約22kgに増えた荷物でペースアップもままならない。

約50分をかけて千早園地に到着すると、すでにログハウスの前でお二人と合流することができた。千早園地は夏休みの週末ということもあり、小学生と思われる団体さんが、キャンプをしていたので、周囲の街灯に明かりが灯り、夏のキャンプ場の雰囲気でいっぱいだった。

その後私は着替えをして、千早園地から少し登った所にある展望台へ向かい、テントを設営する。

昼間は明るいこの場所も、夜となると真っ暗だ。

涼さんがランタンに火を入れると、温かみのある光で周囲が明るくなった。

手前の緑色が私のテントだけれど、15年以上前バイクツーリングに使って物なので、大きくて重い。

時間は午後9時頃に遅めの夜食を作り始める。

この頃になると、ライトに照らされて白い霧が目立つようになってきた。

風は西から東に吹き抜けており、半袖シャツだと少々肌寒い。長袖シャツ着替えるとちょうどよくなった。真夏のでも金剛山山頂は涼しくて気持ちがいい。そんな中で飲むビールは格別にうまい気がする。

午後11時頃になるとさらに霧が濃くなり、やがて小雨が降ってきた。小降にもめげずに飲んでいたが、その後本降りの雨となり、時間も日付が変わろうかという時間となったのでお開きにする。携帯で雨雲レーダーを見ると、富田林の方から雨雲が流れてきて、金剛山周辺ではかなり強い雨となっているようだ。

翌朝は午前4時前に起床する。

真上の空は星が見えているが、周辺は靄が残っている。

展望台に登り涌出岳の方向を見ると展望塔の光の周囲には濃い霧が立ち込めていて、展望塔の上に傘をかぶっているようにも見える。

香南荘の方を見ると、漆黒の闇にぼんやりと明かりが見えている。その周囲の靄に包まれているようだ。

そうこうしていると、東の空は明るさが増してきた。

しかし雲が厚く、朝焼けに染まる美しい空を見ることは期待できなかった。

大阪の方に目を戻すと、やはり靄がかかっている。

涌出岳にある展望塔に登って夜景を撮影したいと思っていがた、この写真を見る限り、展望塔の周囲の木々が大きく成長して視界を遮っている。

金剛山は展望のいい場所がたくさんあるので、そういう場所だけでも生い茂った木々を伐採してほしいものです。

午前5時を過ぎるとライトが不要なほど明るくなり、テントを撤収し、下山の準備を始め、午後7時頃に百ケ辻駐車場へと下山した。

今回は雨に降られはしたが、涼しい山の気候を満喫することができた。

今回は、夜景を見るためのナイトハイキングコースの管理人 涼さんと、腰痛持ちの山登りの管理人 ぽんきちさんと金剛山でテン泊をすることが出来て楽しい時間が過ごせました。又機会があればよろしくお願いします。

また、個人的には夏休み期間中にまたテン泊をやりたいと思っています。

広告

7月30日 金剛山でテン泊」への11件のフィードバック

  1. こんばんは。 お連れの方です(笑)
    あいにくのお天気でしたが色々お話もでき楽しい時間を過ごせました。
    ありがとうございます。 国見城址からの夜景撮影が出来なかったのが少し残念
    でしたが、みんなが無事で帰宅出来た事が何よりです。

    自分のブログのURLを覚えていなくてあの時に教えれなくてすみません(汗)
    今回の記事を僕の方でも書かせて頂きました。
    ブログURLを記載しておきましたのでお時間がある時にでも見てやって下さい(*^^)v
    文章力がないのでテキトーならくがき程度のブログですが・・・

    また、時間などがあえばご一緒よろしくお願いします! お疲れ様でした。

  2. なんなんでしょうね・・・あの『贅沢感』(笑
    私も先月、比良・大峰で3泊ほど楽しんできました。

    また、是非ご一緒させて下さいませ。

  3. こんばんは、ポンキチさま。
    今回のテン泊までずいぶんと雨で延期になり、やっと実行したと思ったらまた雨に降られましたね。
    そのため、展望台や国見城址からの夜景はさっぱりでしたが、灯りを囲んでお聞きしたあちこちの夜景の話題で、楽しい夜を過ごすことができました。

    ブログ拝見しました。Y氏が私のことなんですね。
    夜登( よると、やと )自分でもどう読むのか決めてませんが、どう読んでもYがつくなと、改めて気がつきました。

    こちらこそまたの機会によろしくいねがいします。
    今度は私がそちらのホームグランドに遠征するか、雪の金剛山でテン泊ですね。

  4. こんばんは、中村さま。
    夜の山に一人でいるとしんみりしますが、誰かと一緒だと、非日常の世界が楽しめるから不思議です。

    私もテン泊装備一式が揃いましたので、また金剛山で、夜景を見ながらビールを飲みみたいものです。

  5. 楽しそうですね!
    国見城址広場と思いきや、展望台でしたか。
    冬なら下からも冷気がきてとても寒そうな場所ですが、夏なら快適だったことでしょうね。
    雨の影響も少なそうですね。
    浸水はありえないですね。
    食事の内容が気になります。

  6. こんばんは、キバラーさま。

    食事は、焼肉とエリンギが美味しかったので、私も網の購入を検討中です。

    下界は熱帯夜でも金剛山山頂は涼しく快適なので、夜間登山からテン泊へ登山スタイルを変更しようかと思っています。

  7. 夜登さん

    こんばんわ。こちらへのレスが遅れていました。
    すみません。東京移住などで、いろいろとてんぱっていました^^;
    前回はお疲れ様でした。
    景色は霞んでいましたが、テン泊での宴会、めちゃくちゃ楽しかったです。

    エリンギ、やはりハマりましたか!
    あれに塩ズリもしくはタンなどあっても美味しいです。
    あの網はかなり使えるのでオススメです!

    白山が写っている画像を見ました。確かにあれは白山ですね。
    ちゃんと2つの峰が写っていますね。

    ちなみに、あれからアドバイス受けたとおり30を選定しました。

    http://ryo.chips.jp/nighthiking/page.php?page=kansai30

  8. コメント、途中で投げてしまいました^^;
    追伸です。
    また、よろしければテン泊よろしくお願いします。

  9. こんばんは、涼さま。

    あの日以降仕事続きで、返事が遅れて申し訳ございません。

    関西夜景30名山を見ましたが、これは誰にも真似のできない力作で、
    とても素晴らしい作品だと思います。
    美しい街の夜景が見える山というのは、巷にある30名山や100名山などの
    選定基準とはまったく別になるため、新たに基準を作るという難しい作業
    だったことと思います。

    そして公開されている夜景写真が貴重なのは、同じ場所に立っても、夜景写真と
    同じ景色はもう見れないということです。
    なぜなら、原発事故以降は節電のため、格段に街の明るさが減少しており、
    公開されている写真のような、明るい街の夜景を今後二度と見ることが出来ないことでしょう。
    そういう意味でも貴重な記録と言えます。

    お会いした時にもお話しましたが、慣れた山でも夜間は危険なのに、
    数多くの山に登り夜景を撮影する行動力には敬服します。
    東京に移住されるとのことですが、向こうはこちらほど夜景撮影に適した山が
    少なそうですが、その行動力で新たな夜景を発掘されることでしょう。

    事故がないよう、安全に。

  10. こんにちわ~!
    24日に金剛山頂でお会いしたハーピン・ジョーの嫁です。

    どこに書いたらよいかわからなかったので、とりあえずここに。
    HPも拝見しました。夜の金剛山ってステキ~。
    関空も写ってましたよね?肉眼ではぜんぜんわかりませんでした。

    青崩道は私たちもいきましたよ!夜間に登るなんですごいです。
    わたしも行ってみたくなりました。

    ジョーさんのHPもぜひのぞきにきてください。
    http://harpinjoe.com/
    MobileHP→山フォト日記

    相互リンクしていただけるとうれしいです。

  11. こんばんは。
    あの日は遅い時間にゴソゴソとうるさくしてスミマセンでした。

    しかし、あの日の夜景はとてもきれいでしたね。
    あんなにきれいに見える夜景はなかなかありませんので、
    ハーピン・ジョーさんご夫妻はとても運がいいですよ。

    関空は、テントを設営した広場から少し北に登った所から見れます。
    どちらかといえばこの場所の方が、大阪、神戸、淡路島にかけて展望が
    開けていますので夜景観賞向きだと思います。

    相互リンクは、こちらこそよろしくお願いいします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中