4月10日の早朝登山

しばらく早朝登山をしていないと、明るくなるのが随分と早くなったことを実感する。

駐車場で準備をしている時はライトが必要だったが、コンクリート舗装された林道に入ると空は明るくなり始めていて、ライトなしでも支障なく歩けるほどだった。

パノラマ台から先は尾根筋になるので、朝焼けの光が美しく差し込み、オレンジ色に染まった登山道が続き、この景色こそ早朝登山の楽しみといえる。

金剛山山頂の捺印所前に来ると、カマクラが健在なのには驚いた。下界では温かい日が続いたが、標高1000mを超える世界では春は少し遠いようだ。

この日は大日岳から初めて下山する。夜にここを通るとどう見えるか想像しながら進む。

暗闇だと途中道を間違えそうな所があったが、やはり尾根筋なので、大阪の夜景を見ながらのナイトハイクが楽しめそうなルートだ。

そうこうしているうちに水越峠まで下山すると、チャレンジ登山の関係者が集まってミーティングをしていた。

あと少しすれば、ここをたくさんの人が通過して行く。今年もたくさんのドラマが繰り広げられたことだろう。

広告

4月10日の早朝登山」への4件のフィードバック

  1. 当日は路面の状況をツイートしていただき、
    ありがたく拝読しました。
    チャレンジ登山には参加しないのだけど、
    同じ日にこの山域を歩いた方のブログを拝読したら、
    「チャレンジ登山のせいでゆっくりできなかった」とお嘆きのようでした。
    その点、早朝であればチャレンジ登山当日であっても
    普段とほぼ変わらない空気を味わうことができたのではないでしょうか。
    そう考えてみると早朝登山ってブレがないですよね。

  2. 早朝登山の魅力は、暗闇から空が徐々に青みを増して、ぼんやりと広がりを感じるようになり、やがてあたりをオレンジ色に染めていく光の変化が楽しめるところです。

    金剛登山には色々な楽しみ方がありますが、私の場合は光を楽しんでいるので、人が多いとかは全く気になりません。
    むしろ、普段人のいない時間に登っていますので、たまに昼間の千早本道を登ると人が多くて嬉しくなりますよ。

  3. 久しぶりの更新、待ってました。
    チャレンジ登山の早朝登山、夜のチェックポイントの旗の様子を見れるのは夜登さんのブログならではですね。
    この日をほぼ最後にカマクラは姿を消したようですね。

  4. お久しぶりです、キバラーさま。
    なんだかんだで登山をする時間がなく、久しぶりの金剛登山でした。

    いつ行っても恐怖心のある水越峠から登り始め、徐々に空が明るくなり夜明けの喜びを感じ、オレンジ色に染まる登山等に感動する早朝登山はやはりいいものです。

    カマクラはこの日を最後に姿を消しましたか。
    ご一緒させていただいた年越し登山から4ヶ月も過ぎたと思うと、月日が経つのも早いものです。

    カマクラがなくなるのと入れ替わりに、金剛山山頂には遅い春が訪れたれたようですね。これからは新緑と鳥のさえずりが楽しめる登山になりそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中