越口の谷はかなり危険

水越峠からダイトレを金剛山方向に約1km歩くと「越口」という場所があります。

ここは元来河内側に流れていた水越川の水を、古くから栄えていた葛城側に流れを替えていたが、河内側の水需要の高まりから水争いを発端とした国境線確定の訴訟に発展し、元禄14年(1701)に葛城側勝訴となった、歴史ある場所なんですね。

水越川から分流した水はしばらく道路沿いに天井川の流れとなり、やがて越口の奈良側の谷へと落ちていきます。

今日は、越口の谷がどのようになっているのか? 実際に下りて現場を見てきました。

しかし、降りると言っても道はありませんし、奈良側の谷は崖に近い斜度のため、ロープを使って下降して行きます。

砂防堰堤まで約半分ほど下りたところです。

降りたところにある砂防堰堤。

ほとんど砂礫で埋まっています。

ダイトレを歩いている限りでは気が付きませんが、この場所は絶えず斜面が崩落し続けている現場で、数分に1回は落石の音が聞こえます。

当初はこの堰堤の場所から右に進み、水が流れ落ちる所まで行く予定をしていましたが、上記のとおり落石が頻繁に発生していることと、この堰堤の写真撮影の直後に対岸の斜面が、バサッ!ガラガラ!と、まとまった落石が発生したので、この場所は危険と判断し、直ちに登高を開始します。

登高システムを上から見る。

道路までもう少し。

越口とから祈りの滝に向かう谷は、上記の通り小規模な斜面崩落や落石が頻繁に発生していますので、谷に降りると越口を通る道路が崩落しないのが不思議なくらいです。

砂防堰堤がいっぱいになるのも時間の問題ですが、新たに堰堤を作る工事をしようにも、斜面の補強からする必要がありますので、費用が莫大なものになるでしょう。

しかし、越口の道路が崩落すれば、元来大阪側に流れていた水が奈良側に流れるようになりますので、奈良県としてはこのまま自然の成り行きに任せている、と言うのは、かなりひねくれた見方かもしれません。

広告

越口の谷はかなり危険」への6件のフィードバック

  1. ついに夜登さんの本領発揮!
    山でプロの道具を使いましたか。
    越口から見えてる白っぽいものはがけ崩れの跡でした?
    登山道としては崩落して通れなかったんでしょうか。

    • 落石が無ければ楽しめたんですけどね。
      単独で誰もいない所で落石に当たったりしたら、
      オロクさんになりかねませんので、早々に引き上げました。

      越口から見えてる白っぽいものは、斜面崩落の跡です。
      その場所では頻繁に落石がありますので、通行するのは
      止めたほうがいいと思います。

  2. 今年の金剛山は雪、凍結期間も長かったので
    雪解け時は落石注意ですね

    大阪府と奈良県の水争い興味深いです。

    • 仰る理由に加え、金剛山の奈良県側に断層があるため、斜面が急峻なことも大きな理由だと思います。
      この日の午前中は天候がよく、太陽によく照らされていた影響か、、数分間隔くらいで、ゴロゴロ、ゴロゴロと、あちこちで落石の音が聞こえていました。

  3. おおおお! まさかこんなところを降下されるとは…
    「文献研究」から一転して「現地調査」の方に来ましたねw
    奈良側が激しい浸食に曝されているだなんて、
    実際に見に行ってみたからこそわかることですよね。
    すばらしい行動力です!

    奈良側への取水口が石でふさがれていたのは、
    夜登さんが今回確認された侵食と関係あるのでしょうかね。
    奈良側に積極的に水を流すと侵食がどんどん進んでしまいそうですし。

    となると、石で堰をつくったのは奈良側の主体か、
    はたまた大阪側の主体かといったところが気になりますね。
    奈良側だとすれば治水事業費をケチってのこと?
    大阪側だとすれば流路が奈良側につけ変わってしまうのを防ぐため?
    「かなりひねくれた見方」に基づけば大阪側の可能性が高いかも?

  4. 金剛山でロープを使うような登山は珍しいので、ブログネタに遊んでみました。
    しかし、金剛山東麓における侵食の激しさを、身を持って体験しましたので、
    遊ぶといっても怖かったですね。

    奈良側への取水口が石でふさがれていた理由として、

    田植えを前にしたこの時期は、溜池に水を貯める時期ですが、
    奈良県側は吉野川分水の開通により、現在は水の供給量に余裕があるのに対して、
    大阪側は、水越川・千早川・佐備川・馬谷川などの河川が頼りなため、
    吉野川分水完成の頃と水越トンネル工事の際に、水利関係者でなんらかの
    取り決めをして、大阪側へ水を流すようにしたのではないかと推測しています。

    もう一つ大阪側へ水を流す理由として、下流域の灌漑の他に、水越川砂防ダム
    建設時に設けられらた、水越峠旧道脇の親水護岸で、府民県民がレジャーを
    楽しんでもらうために、吉野川分水完成で水に余裕が出来た奈良県側が
    譲歩したのではと推測しています。

    現在この仮説を裏付けるような資料を探している途中です。

    ただ、昨年に奈良県側にも導水しているのを見ましたので、時期により、
    水を融通しているのかもしれません。

    越口の水論は、調べていくほど面白いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中