登山の度に寒波襲来か

今度の土曜日か日曜に登山をしようと思ってるのですが、天気予報を見ると、日曜日から月曜日にかけて元旦や16日に匹敵する寒波が来るとか。

どうも今年は、寒波襲来のタイミングにあわせて金剛登山をしているようで、年越し登山の大雪が降りしきる中での登山や、1月16日には、過去に経験した最も寒いマイナス10℃の気温など、今までに体験したことのない登山になっている。

今度の登山はどうなるんだろう?

大雪と低温が重なったら嫌だな。

青崩ルートの撮影か、ツツジ尾谷の二ノ滝の撮影をしたいけれど、気象条件が悪いとやっぱり千早本道だな。

広告

登山の度に寒波襲来か」への2件のフィードバック

  1. 夜中のツツジオ谷ですか?
    考えるだけでもおそろしいですw

    しかし、なんとかして夜中の二ノ滝をライトアップする方法はないか?
    などと脳内妄想する分には楽しいもんですね。
    千早本道から二ノ滝に向かう道の入口まで根性で発電機を持っていって、
    そこからコードを伸ばす…
    何人かで協力したら不可能なことではないような気もしますが。

  2. 実は2年前に、夜中の二ノ滝を撮影しているんですよ。
    ホームページで公開しようと思いつつ、放ったらかしになってますけどね・・・

    夜の二ノ滝ルートは、ご存知のとおり、腰折れ滝付近と二ノ滝付近が危険なんですが、暗闇で崖が見えないので、あまり怖くないんですね。
    そして、明るい時に登って、「こんなトコロを通ってたのか」とビビるわけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中