早朝コラボ登山

 今日は、ブログ「ぱろやんの金剛登山」管理人のぱろやんさんと、早朝の金剛山をご一緒しました。

まずは、さわやかトイレ前で記念撮影をします。

ここを過ぎると山頂まで真っ暗なので、街灯のあるこの場所で、今まさに登ろうとする様子を撮影しています。

ぱろやんさんの足元が透けて見えるのは心霊写真ではなく、フラッシュが光った後にシャッターが切れる前に動いたからなんですね。

ちなみに撮影データは、ISO320 シャッタースピート3秒 絞りは開放だと思ってたらf/10になっていましたが、写真を見ると それなりに写っているのでヨシとします。

この今まさに登り始めようとしている写真ですが、データのとおり、現場では3秒間静止しています。撮影風景は、「はい、撮影しま~す」「3秒間じっとしてくださいね」・・・・・・・・・・「はい、終わりました」と、まるで大昔の撮影風景の様でもあります。

 捺印所前のカマクラを背景に記念撮影。

自分一人のときはこういう記念写真は撮影しませんが、頼まれなくてもモデルになりませんがと声をかけたりします。この時、きれいに写すコツは気持ち明るめでしょうか。画面左のカメラと三脚はトリミングで取り除くのが普通かもしれませんが、私はそんなのお構いなしで、距離感があって面白いと思う方です。

国見城址広場の看板前で記念撮影。

こういう写真も一人の時は撮影しませんが、今日は記念撮影をテーマにしましたので、ぱろやんさんとツーショット撮影。しかし、私が看板の日付を隠している・・・

この場所は正面から撮影するよりも、この写真のように斜めからの方が、時計塔と看板のバランスが取れるように思いますが、昼間だったら人が多くて、こんなに自由なアングルで撮影することが難しいでしょうね。

それにしても、マイナス6℃の風が吹きつけて寒い。

ヘッドライトを点灯させた状態でカメラを向いて撮影すると、モザイク処理がいらない写真になるので面白いです。

そうこうしているうちに午前6時前になったので、捺印所前に移動します。

この寒波と雪の多さで、今季の早朝登山の人出は少ないです。

 

横からみると、カマクラがでかい!

葛木神社参道の夫婦杉は、街灯が灯って明るいので、夜景撮影の定番といえる場所です。定番と言っるのは私一人かもしれませんけど・・・

葛木神社。

光の筋は幽霊やヒトダマではなくて、シャッターが開いている間にぱろやんさんが動いたから、ヘッドライトが光跡となって写っているのです。この光跡を意図的に動かして、光の文字を表現することが出来ますが、これをやりだすと時間がいくらあっても足りなくなります。

 

夜が明けてきた金剛山。

青い光というのは、夜明けの色といえますね。美しい光景です。

時間も午前6時半を過ぎて、だいぶ明るくなってきたので、これで下山です。

今回は珍しく記念撮影を主体としましたが、普段と違うテーマーで撮影するのも面白かったです。ぱろやんさん、早朝登山にお付き合い頂き、ありがとうございました。午後は眠たくなかったですか?

そして、これを見ている方で夜の金剛山でモデルになってみませんか。きっと面白いですよ。

広告

早朝コラボ登山」への6件のフィードバック

  1. 昨日はお世話になりました。
    ありがとうございました。

    早朝登山の面白さ、というより暗闇での写真撮影会の面白さ?ホントに楽しませていただきました。

    あいにくの天気で夜景が望めませんでしたが、夜の山頂を撮影しているだけであっという間に時間が過ぎていきました。
    これで、展望が良かったらいくら時間があっても足りなくなるのでしょうね。

    ぜひともまたご一緒にお願いいたします。

  2. おはようございます。
    慣れない早朝登山で普段とは違った疲れが出たのではないでしょうか?

    ガスって下界が見えなかったのが残念ですが、街灯で明るい山頂の景色を撮影するだけでも、時間が全然足りないくらいです。
    千早園地の展望台から見える夜景もきれいですし、雪が積もった金剛山は、夜景がいちばんキレイに撮影出来る季節ですので、またのチャレンジをお待ちしています。

  3. 今日もですが、昨日も寒かったですね。
    それにしてもマイナス6℃+風ですか。
    早朝登山をしたくなったら、夜登さんにお願いすれば
    スクランブル発進可能なのですね。(笑)
    またその気になったときはお世話になります。
    しかし寒いのはつらいなぁ。

  4. 前日の夜までに連絡を頂ければ、平日の早朝登山でもOKですよ。
    登山の後はそのまま会社まで送り届けますので、ご安心を。

    午前中からバリバリ仕事が出来ますよ。
    午後は睡魔との壮絶な戦いになるかもです。( ̄ー ̄)

    • 早朝登山の最大の敵は、暗闇ではなく、睡魔なんですね。
      数えきれないほど睡魔に負けて、早朝登山を諦めたか分かりません。

      特に冬は布団の中が気持ちいいですからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中