12月15日の早朝登山

12月15日の深夜に双子座流星群が見れると言う事をニュースで知り、
流れ星の撮影を目指して早朝登山をしてきた。
しかし、朝寝坊のため、山頂に到着したのが午前5時。
ピークと言われる時間からは大きく遅れてしまった。

空は雲がなく星が見えていたので、夜景撮影の合間にぼんやりと夜空を
眺めながら流れ星を期待しようという思いを打ち砕くほど寒い。
国見城跡広場から大阪の夜景が見える場所は、西からの風が直接吹き付ける
ため、とても寒い場所だからだ。

夜景撮影中はほとんど動くことなないので、体に熱が発生しにくいから
余計に体が冷えてくる。
しかも、体に吹き付ける風はマイナス2℃なので、体感温度はさらに低い。
だが、冬の寒くて強風の時こそ夜景がきれいに見える時なので、これは仕方がない。

このように気温が低くて強風が吹いているので、流れ星が見れなくても
目の前の澄んだ夜景を見ているだけで登ってきたかいがあったというものだ。
今朝は結局流れ星が一つも見れなくて残念だったが、久しぶりに曇のない
澄んだ夜景が見れたことが嬉しかった。

星屑を散りばめたようだ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中