置いてきた車を回収

昨日、納山会が終わってから走って下山したものの、時すでに遅く、道路は真っ白になっており、積雪状況と時間を考えると、安全のためバスで帰宅することにしたのだった。

本日は昨日百ヶ辻駐車場に置いてきた車を回収するために、再び金剛山の地に赴くが、向かっている途中から山の方は真っ白に・・・

バスに乗ってロープウェイ前に到着すると、昨日と変わらないのではと思う程の積雪量・・・

 

うわぁ~・・・

帰れるんかいな・・・

車には昨日からの雪が積り、すごいことに。

ワイパーは、駐車場の管理人さんが、昨日の雪の時に上げてくれたようです。感謝感謝。

車内から見ると、バリバリに凍ってます。

登山道の入り口まで雪に覆われています。

年の瀬も押し迫ったこんな日でも、金剛山に登って行く人や下ってきた人がそれなりにいました。

この様子では、雪山を求めて元旦の金剛山はかなりの人出になるのではないでしょうかね。

続きを読む

広告

金剛桜

金剛桜の花が咲くのは五月の連休前後ですが、正直なところ、花が咲いても地味な感じがするのは否めません。

しかし、冬になって金剛桜に雪が付着するようになると、一年で最も素晴らしい姿に変貌します。

そして夜になり国見灯の灯りが点灯すれば、風雪に耐えてきた老木に照明があたり、黒い背景に白い花を咲かせたような姿を浮かび上がらせて、誰も観客のいない国見城跡広場で金剛桜はひっそりと輝きを放っています。

金剛山の初日の出スポット

何と言っても千早園地の展望台のこの場所です。

 

でもここは展望台というだけあって風を遮るものがなく、クソ寒い場所ですが、だからと言って、日の出直前にここに来ても人がいっぱいだと思うので、早めに来て寒さに耐えながら待つしかありませんね。

風邪を引かないように、温かい服装で待つようにしましょう。

次は千早園地。

目の前にある小山よりも、この道路上の方が見やすいと思いますが、通行の邪魔にならないようにしましょう。

ここの右手にあるログハウスのテラスも、初日の出が良く見えそうですが、現在工事中なので、当日立ち入りができるかは分かりません。個人的には展望台よりもここの方が風の影響が少ないので、寒さをしのぐという点ではいいと思うのです。果たして元旦当日はどの程度の人出なのでしょうかね。

千早園地の小山かららの眺め。

恐らく立木が邪魔なのでは。

要はこの方角が開けていればいいので、千早園地と、展望台の2ヶ所以外にも初日の出が見れる場所があるかもしれませんね。

上記の写真は12月28日の日の出直前に撮影していますので、元旦の太陽の位置はこの写真とほとんど同じでしょう。天気予報を見ると、元旦当日の天候が気になるところですが、うまく晴れてくれば、写真のように空がオレンジ色に染まり、やがて太陽が顔を出してきます。

初日の出を見ようとお考えの皆さん、暗い夜の山でじっと初日の出を待っていると体が冷えますので、温かい服装を用意しましょう。

ちなみに私は、夜景撮影がメインで初日の出は対象外なので、この時間は布団の中で寝ています。

奈良県側から登る早朝登山者達

金剛山では回数登山者の証明として、登山をするごとに専用カードに押印をしてもらう制度があり、そのための捺印所が金剛山山頂に設けられていて、午前6時から午後7時まで開いている。

金剛山の早朝登山とは、捺印所が開く午前6時前に山頂へ到着するように登る登山のことで、そのためには午前5時以前から登り始める必要があり、早い人では午前4時頃には金剛山山頂まで登って来ている人もいて、その場合は午前3時頃から登り始めることになる。

続きを読む

12月26日昼の登山 寺谷-伏見峠

  下界では雨が降っていたが、金剛山山頂の気温は氷点下となっていたので、途中で雪に変わるだろうという予想で金剛山へ車を走らせた。

今回久しぶりににロープウェイ側から登ることにしたのは、香楠荘で昼食をすることが今日の目的だったからだ。千早本道から登って、香楠荘まで行ってから千早本道まで戻るのは、どうも抵抗があるんですね。

百ヶ辻駐車場に来てみると路面が真っ白に。

午後12時5分とお昼真っ盛りなのに、昼間から道路に雪が積もるのを始めて見たんじゃないかな。

バスの転回場から合流するところまでの道路には、融雪剤が散布されているので雪はなかったが、この写真の場所から上の道路には融雪剤が散布されていないためか、路面が雪で真っ白になっていた。

下山したら道路が真っ白になって、車で帰れるかな?と思いながら、そうなったらバスで帰ろうと決めて登山を開始する。

続きを読む

ミニチュア模型のように見えるかな

今日の早朝登山で撮影した写真の一枚に、ミニチュア模型のように見える写真があった。

街の夜景部分にピントが合ったため、金剛山山頂の看板や時計塔と、その下の植木の輪郭がほやけているから、そう見えるのかも。


これはこれで可愛い出来だな。